最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

「優秀な人材の退職が増えている」理由

»

先週末、ITソリューション塾 [福岡]・第1期が修了しました。

14907251_1033654786745852_2218670969371751378_n.jpg

そして、参加された皆さんに、次のような言葉と共にお礼のメールを送りました。

---

ITソリューション塾で大切にしていることがあります。それは、歴史と本質です。表面的な流行の言葉に惑わされるのではなく、その背景や原理原則を知ってもらいたいと思っています。歴史はそれを教えてくれる偉大な教師です。どこまでそれがお伝えできたかは心配ですが、それをあらためてお知らせする意味で、塾の中でご紹介しきれなかった書籍をいくつか紹介させていただきます。こちらをご覧下さい。

ここに紹介させていただいたものは、必ずしもITに関連するものばかりではありませんし、その多くは「古典」と言えるものです。しかし、そこには時代を超えた原理原則があります。

不易を知らざれば基立ちがたく、流行を知らざれば風新たならず」

松尾芭蕉が、奥の細道の旅を通じて会得した言葉です。時代を経ても変わることのない本質的な事柄を知らなければ基礎はできあがらず、変化を知らなければ新たな展開を産み出すことはできません。

「不易」とは変わらないものです。どんなに世の中が変化し状況が変わっても絶対に変わらないもの、変えてはいけないものという意味です。一方、「流行」は変わるものです。世の中の変化に従って変わっていくもの、あるいは変えてゆかなければならないもののことです。

「その本は一つなり」

両者の根本はひとつです。

この両者を結びつけ新しい組合せを見出すことが、イノベーションの本質です。決して、自らが新しい技術を創造することではありません。ならば、企業規模に関わらず、変革を促すことはできるはずです。

この塾では歴史を踏まえながらも、主に「流行」をご紹介しました。塾でお伝えしきれなかった「不易」を、ここで紹介する古典から学んでいただき、皆様の成長を確かなものにして頂ければと願っています。

---

2009年からはじめたITソリューション塾も、今年で8年目となりました。毎週水曜日の夜、3か月単位の講義を2時間×11回、これを毎年3回おこなっています。最近は東京だけではなく、福岡や大阪でも開催しています。卒業生は1500人を超えました。東京では、60名から80名の人たちにご参加頂けるようになりました。

最近の傾向としては、「個人での参加」が増えてきたことです。中には、有休を取って参加されている方もいます。なぜ、そこまでして参加したのかと話を伺うと、「会社はこういうことにはお金を払ってくれません。自分でやるしかないんです。」とのこと。そんな話を聞いて、彼らの志の高さに頭が下がります。一方で、学び、成長することの喜びに応えられる会社がもっと増えればと願うばかりです。

先日もあるSI事業者の経営者から、「優秀な人材の退職が増えている」との話を伺ったのですが、もしかしたら「成長を実感できない」あるいは、その機会が与えられてないからではと話しました。研修の機会を与えるだけで解決できることではありませんが、「優秀な人材」は、学び、成長したいという内発的な動機を強く持っています。それに応えてくれない企業には喜びを見出せないと感じるのかもしれません。「優秀な人材の退職が増えている」とすれば、そのことを問い直して見るべきかもしれません。

人口の減少や高齢化が進むなか、若くて優秀な人材を集め、育ててゆかなければなりません。そのためには、仕事そのものにチャレンジできる環境を作り「成功の実感」を与えることがなによも大切です。同時に、働き方の改革や学習の機会を整え「成長の実感」を感じられる会社にしてゆかなければならないのでしょう。そういう時代なのです。

ITソリューション塾・第24期

ITソリューション塾・第24期を2月8日(水)から開催します。第24期は、IoTやAIのビジネス戦略にも一層切り込んでみようと思っています。また、情報セキュリティの基本やDevOpsの実践についても、それぞれの第一人者から学びます。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

  • 会場 : アシスト株式会社・本社@市ヶ谷
  • 日程:2月8日(水)〜4月26日(水)の毎週1回×11回 *但し、3月最終週は休みとなります。
  • 時間:18:30〜20:30
  • 定員:80名(前回参加者 84名)

お願い

  • 毎期早い段階で定員に達しています。手続き等で時間はかかるが、参加のご意向をお持ちの場合は、事前にメールにて、その旨をお知らせください。
  • 個人でのご参加の場合は、消費税分を割り引かせて頂きます。
  • 今回の期間は、予算期を跨ぐところもあるかと思いますが、今期または来期のいずれか、または、両期に分けて支払いという場合は、個別にお知らせください。

詳細のご案内、および、スケジュールのPDFダウンロードは、こちらをご覧下さい。

J24.png

2017年1月 最新の改訂版をリリースしました!

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー/LiBRA

LIBRA_logo.png

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
*「コレ1枚でわかる最新ITトレンド(2017年度版)」を新規に作成しました。
*先進技術編では、解説を大幅に追加、刷新し、新たなチャートも追加しています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

【インフラ&プラットフォーム】(293ページ)

【更新】コンテナ型仮想化・改訂版の解説を改訂しました p.175
【新規】SD-WAN p.184

【ITの歴史と最新トレンド】(14ページ)

*これからのビジネスを考える参考となるよう、「コレ1枚でわかる最新ITトレンド(2017年度版)」を新規に作成しました。

【更新】デジタル化の歴史の解説を追加しました
【新規】コレ1枚でわかる最新ITトレンド(2017年度版)を新規に追加し、解説も加えました。

【サービス&アプリケーション・基本編】

*運用と開発のプレゼンテーションが増えたことから、基本編と運用と開発編に分割しました。

基本編(50ページ)
 変更はありません

開発と運用編(64ページ)

【更新】これからのシステム開発のチャートを改訂し、解説を追加しました p.5
【更新】DevOpsとは何か?の解説を追加しました p.19
【新規】仮想マシンとコンテナの稼働率 p.74-77
【更新】DevOpsとコンテナ管理ソフトウェアの解説を改訂しました p.78
【新規】FaaS(Function as a Service) p.79

【テクノロジー・トピックス】(49ページ)
 変更はありません

【サービス&アプリケーション・先進技術編】

IoT(92ページ)

【更新】IoTとM2Mの解説を追加しました p.7
【更新】IoTの定義の解説を改訂しました p.15
【更新】コレ1枚でわかるIoTのチャートと解説を改訂しました p.18
【更新】デジタル・ツインの解説を改訂しました p.23
【更新】モノのサービス化の解説を改訂しました p36
【更新】ビジネス価値の進化の解説を改訂しました p.38
【更新】IoTと機能と役割の4段階の解説を改訂しました p.41
【更新】クラウドから超分散への解説を改訂しました p.46

人工知能(93ページ)

【新規】コレ1枚でわかる人工知能とロボットの新たなチャートを追加し解説を載せました p.9
【更新】産業発展の歴史から見る人工知能の位置付けの解説を改訂しました p.317
【新規】ディープラーニングが注目される理由の新しいチャートと解説を追加しました p.24
【新規】弱いAIと強いAIについて、新しいチャートと解説を追加しました p.32
【更新】人工知能に置き換えられる職業について、解説を追加しました p.64

詳しくはこちらから

LIBRA_logo.png

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する