「入れ歯専門の歯医者」が実際の症例と治療、治療に対する考え方を紹介する記事を中心に書いていきます。

古い入れ歯から、違和感がないように新しい入れ歯を作りました。

»

「また壊れました」

 ヒビの入った総入れ歯を置いた50代男性のKさん。この2年で3回修理しています。修理を繰り返している入れ歯は、やはり強度が落ちてくるため今回は新しく入れ歯を作ることにしました。

 使い慣れた入れ歯をやめて新しい入れ歯を作る時に注意することがあります。それは、なるべく使い慣れた入れ歯と同じ形に作ること。
 噛み合わせが極端に変わったり、入れ歯が大きすぎたりすると、違和感が強くて使えません。「前の入れ歯のほうが良かった」となってしまいます。

 そうならないように古い入れ歯のコピーを作って、それを元に噛み合わせを設定したり、顔の長さを測って新旧の入れ歯の変化がないように合わせたりして、違和感なく新しい入れ歯が使えるように工夫しています。色々なことが実は保険治療の範囲でできます。
 5回の通院で完成した入れ歯を入れたKさんは「おお、違和感はほとんどありません」とおっしゃってくださいました。

 使い慣れた入れ歯をとことん修理して使う。修理が限界になったら使い慣れた物と、なるべく状況を変えずに新しく作る。安全安心、適切な価格の保険治療で入れ歯を快適に長く使えることを一番に考えています。

 今回行なったKさんの入れ歯を新しく作る治療は保険適用で約1万1千円でした(治療費は症状により個人差があります)。
_________________________________

壊れた入れ歯の修理は いとう歯科医院
http://www.ireba-ito.com/

東京都杉並区松庵3ー6ー3
℡03-3333-5389

JR中央線西荻窪駅 徒歩7分
駐車場:1台あり

午前 8:30~11:00受付
午後 14:00~17:00受付
予約制ではありません。来院した順に診させていただいています。

休診日 土の午後/木曜日、日曜日、祝祭日

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する