「入れ歯専門の歯医者」が実際の症例と治療、治療に対する考え方を紹介する記事を中心に書いていきます。

入れ歯の歯が欠けて尖った部分を修理しました。

»

「こんなに調子が悪くなるとは」

 Tさん(90代男性)はあの日を境に困っていました。長年使い慣れた入れ歯で唇や舌を噛むようになってしまい、思うように食事ができません。

 診察すると上の入れ歯の前歯1本が半分ほど欠けていました。欠損部分はほんの数ミリですが先端がギザギザになっています。そのうち慣れるだろうと、何日か様子を見ていたのですが口の中の傷は増えるばかり。それで来院されました。

 程度にもよりますが、欠けた入れ歯の多くは30分ほどで修理することができます。欠けた破片があれば接着しなおせることもあるので治療の助けになります。捨てずにお持ちください。

 修理した入れ歯を入れたTさんは「これなら大丈夫です。舌をかまずに食事ができます」とおっしゃってくださいました。


 入れ歯が壊れるのは必ず原因があります。今回は下の歯が上の入れ歯を強く突き上げていたため折れてしまったようです。そこで咬み合わせの調整をして突き上げをなくしました。原因を取り除くことで普段の使い勝手もグッと良くなります。


 修理して、さらに壊れた原因を取り除けば、入れ歯は長く快適に使うことができます。

 今回行なったWさんの入れ歯を修理する治療は保険適用で約1,000円でした(治療費は症状により個人差があります)。
_________________________________

壊れた入れ歯の修理は いとう歯科医院
http://www.ireba-ito.com/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する