「入れ歯専門の歯医者」が実際の症例と治療、治療に対する考え方を紹介する記事を中心に書いていきます。

まったく使えなかった入れ歯が、調整だけで食事ができるようになりました。

»

「入れ歯の調整だけで食事がこんなに変わるとは思いませんでした」

80代女性のYさんは体調を崩して入院している間に下の入れ歯がすぐに外れてしまうようになっていました。入院中から今までずっとキザミ食。

焦げ目の香ばしい美味しさ、漬け物のパリッとした歯ごたえ、そうした食感が懐かしくなって介助のご家族と来院されました。

入れ歯はよく出来ていてアゴをしっかりと覆っています。それでも不調なのは大きすぎるからです。そこで入れ歯を削ることにしました。

口の中の動く部分、舌や頬の筋肉がしっかりしていれば大きな入れ歯を支えて食事ができますが、今回のように入院などで筋肉が衰えると、これまで使えていた入れ歯が大きすぎて合わなくなってしまいます。

小さくして周りの状況に合わせることが必要です。全体に1ミリくらい削って小さくするとYさんは
「あっ、これなら食べられそう!」
後日に来院したときに、食事の望みが叶えられたとおっしゃってくださいました。

普通の食事とキザミ食では食事の満足度が違います。最小限の治療で調整するすることで、リスクが少なく治療費も少なくてすみます。患者さんにっとって最善の治療が実現できるよう、これからも研鑽していきます。

今回行なったYさんの入れ歯を削って合わせる治療は保険適用で約1,500円でした(治療費は症状により個人差があります)。
_________________________________

壊れた入れ歯の修理は いとう歯科医院
http://www.ireba-ito.com/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する