テクノロジーとライフスタイルの未来を夢想しよう

100円から96円と安くなってるのに円高傾向って、どういうことだよ?!という昔からある直感的にわかりにくい事象について

»

わりとよくある素朴な疑問。

100円から96円と安くなってるのに円高傾向って、どういうことだよ?!
ちゃんと理解していれば別に不思議でもないことかもしれませんが、為替って直感的にはわりとむずかしい、というか、面倒だったり。(汗

1ドル96円と言われればまだしも、1円 = 0.010401 ドルとか言われると、もうどうやって換算していいものやら??とかも。w

よく見る円相場のグラフ

Photo

ですが、これ下に行くほどいわゆる円高なんですよね。

ヒトはおおむねグラフを見るときに、上にいくほど高いとか大きい、時間は左から右というようにとらえるわけです。(教育のなせる技ですけども)

だから、下向きに推移して円高傾向と言われるとなんとなく不思議な感じがしてしまったりするんだろうと思います。

なので、ひっくり返してみました。

2

ほら、こりゃ円高だ!っていう感じがするでしょ?


まあ、乱暴な、というかいわゆるB型的な発想ですが、ちょっとやってみたくて。

(^_^;)

Comment(3)

コメント

黒木正幸

『100円から96円と安くなってるのに円高傾向』
の書き方がマズイ、でしょ。
『1ドル=100円から、1ドル=96円と、1ドル札1枚を入手する日本円のお金が、円高傾向』
と書けば、すぐに円高と解るでしょう。

みず

報道自体がそうなのですが、
円を中心に思考するために表記の方向性と逆の方向で日本語の文章を書いてしまうこと、
ニュースなどでも単に「ドルは」「為替は」と呼んでしまい、肝心の単位「ドル円(1ドルあたり何円か)」を省いてしまうことが問題の根本です。
グラフは円高ではなく「ドル安」を現しているのです。
「ドル円は100円から96円にドル安円高」といえば
1ドルが100円から96円にドル安になったので、ひっくり返して円からみれば円高という思考が働きやすくなります。

磯島大

コメントありがとうございます。
黒木さんのコメントを見てどういうふうに捉えるようにするといいだろうと考えていて、グラフとの関連でいくとドルから見てを軸にするほうがわかりやすいのかもと思っていたところで、みずさんのコメントをいただきました。つまりは、1ドルが100円から96円のドル安ですよね。逆に円を軸にとらえるなら1円 = 0.0100ドルから0.0104ドルへの円高というほうがいいということになります。

コメントを投稿する