テクノロジーとライフスタイルの未来を夢想しよう

「クルマ離れが起きている」はウソ

»

みんな自動車に乗らなくなっている、クルマ離れが深刻である、

新聞やネットを見ていると、そんな論調が目につくような気がします。

実際、そんな社会的な変化が起こっているのでしょうか?

都内で暮らしていると、クルマやめましたとか、そもそもクルマなんて要らないよね、という話をよく聞くこともあります。
また、地方は自動車が生活必需品であるという一方で従来家庭に2台持ち、3台持ちだったのが1台に集約されて、という話も。


調べてみました。


財団法人自動車登録検査情報協会による自動車保有台数の推移 を見ると乗用車の保有台数はわずかながらではありますが増加を続けています。

これをざっくり見てみると1991年の乗用車保有台数は、35,151,831台、これが2011年になると58,139,471台です。
2001年でも52,449,354台。

クルマが売れない売れないというのに、どうしてこうなっているのかというということで、今度は平均車齢を見てみましょう。

1991年の4.54年に対し、7.74年。
同様に2001年では6.04年。

このことから明らかになるのは、クルマ離れは起きていないということ。
ただし、新車離れは起きている。

ということです。


さらに、別の調査を見ると若者のクルマ離れもウソ。

増加しているシニア層に較べて保有率が減少しているのは事実だとしても、20代30代で顕著に自家用車保有率が下がっているわけではない。

ただし、普通乗用車が顕著に低下している一方で軽自動車がそれをカバーしている構図が見て取れます。

これは、若年層の所得水準が低下しているという、そもそもクルマに費やせる資金が減少しているということではあろうかと考えられます。しかし、だからといってクルマを持っていないということではないのです。

メーカーの目線だと、新車が売れない=クルマ離れ、自動車雑誌の目線だと、スポーツカーが売れない=若者のクルマ離れ、かもしれませんが、厳密には車からは離れてない。

ちなみに、一般社団法人日本自動車販売協会連合会による 乗用車の新車登録台数の推移を見てみると、2003年の3,168,195台に対し2011年には2,386,036となっています。


いずれにせよ、趣味として、あるいはステータスシンボルとして自家用車を捉える人は減ってきているかもしれませんが、自動車が生活の中で果たす役割は決して減っているわけではなさそう。


「クルマ離れ」をどう定義するかによっては、離れている、離れていないの議論は分かれるかもしれませんが、

少なくとも、クルマは減っていないという事実を見落としてしまうと、自動車をとりまく産業、都市開発、それこそ商店街の活性化、学校や商業施設の立地というような社会の課題解決を考えるにあたって、うっかり間違いを犯しかねません。


ニュース斜め読みでステレオタイプな理解に陥ってしまうのではなく、統計をひもといてみることで見えてくることがあるはずです。

Comment(21)

コメント

NT

新車登録は 2003年の3,168,195台に対し2011年には2,386,036台に減少。

保有台数は 1991-2001 年の10年で 52449353-35151831=17297522 台の延び。
2001-2011 年の直近10年は
58139471-52449353=5690118 と延び数は 1/3 にも減少しているのに車は減っていないと結論づける意味がわからない。

通りすがり

新車登録が減ってて、保有台数(使われている台数)が増えてるってことは、
中古車を使ってる人が増えてるってことかな?
で、保有台数の伸び悩みは人口に対する車の台数が飽和し始めてると…。
2011年の新成人は124万人程度なので、
そんなものかもしれませんね。

SA

若者のクルマ離れもウソ、とのことですがリンク先の調査は2人以上世帯の統計です。
いわゆる「若者」は単身世帯や親と同居が多いのでこの調査ではそもそも調査対象では無かったり、40代・50代世帯としてカウントされているものが多いはずです。

ですので少なくともこの調査結果からは“若者のクルマ離れもウソ”とは言い切れないのではないでしょうか。

TETSU

嘘かどうかはわかりませんが、若者が車をそこまで重要視しなくなったことは確かかも?
エコの点から言っても、車社会は良くないし、特に都会だとわざわざ車を持つ必要もないのも確か
そして日本経済は車が引っ張っていたのでしょうが、もう車離れが必要だと思います。
経済優先で、エコカー減税など愚作でしょう。そこまで車を売る必要もないですね。日本経済のことを考えたら、もっと新しい産業を育てるべきでしょう。

ばかぼん

新車販売台数について全く言及していないのが不思議です。
ネットですぐに探せますが、国内の新車販売台数は05年から09年まで一貫して減っています。10年だけ、エコカー減税のおかげで増えてますが。
都合のいい数字だけ持ってきて「クルマ離れはウソ」と言ったところで、何か意味があるとは思えませんが。

明確に根本的に間違ってますよ。
増加数と増加率を間違えてます。
車が売れてないのは、当然ながら増加率の話なのに、この記事では増加数の話をしています。
まあすでにコメント欄でNTさんが書いていますが。
高校数学の速度と加速度の違いをもう一度勉強し直してください。

みんな可哀そう

・乗用車保有台数は年々増えている
・だから「クルマ離れ」と言われると保有台数が減っていると思いがちだがそうではない
と言ってるだけなのに、理解できない人が多すぎです。
SAさんのご指摘には同意しますが。

みんな可哀想さんに同意

>「クルマ離れ」をどう定義するかによっては、離れている、離れていないの議論は分かれるかもしれませんが、

本文で上記記述がありますが、それにしてもコメント欄の読解力無い人の多いこと多いこと…
小学生の国語授業からやり直してきたらいいのに。

車は必須

NTさん、保有台数は伸びが0でも減少はしてないのでは?
TETSUさん、「車離れが必要だと思います」は都会の考え方です。都会と地方の両方に住んでみましたが、地方では人口密度が低いので公共交通機関が十分ではありません(経済的に成り立たないから)。食べるものを買うだけならまだしも、ちょっとしたものを買うにも通勤するにも、車がないと都会で当たり前のレベルの生活ができない人が大部分です。

あとり

マスコミのいう「自動車離れ」は販売台数の減少であり、保有台数の減少ではない、というだけのことです。
そもそも、自家用車が必要で保有している人は、自分が運転できない状態になるまではそうそう手放しませんから。

ただ、実感として車に興味のない人は多いですね。
先日、街中を走るスーパーカーを見た大学生くらいの若い女性が「なにあれ変な車ーw」と笑っていたのに時代の流れを感じました。

高広伯彦

若年層の自分専用車保有率が下がっている、ということを「若者のクルマ離れ」と言われるのでは? なのでここに書かれてる話は筋違い、ないしは、説明不足。

NT

>NTさん、保有台数は伸びが0でも減少はしてないのでは?

当たり前です。
耐久財で中古市場だってあるんだから。乗り換える人がことごとくそれまでの車を廃車にしなきゃ簡単にマイナスとかなるはずがありません。では逆に10年で1台しか保有数が延びてないとしても車は増えていますか?私は終わった市場だと考えます。

もう一度書きますが、直近の10年で保有車の増加率はその前10年の 1/3 に減少しているのです。(数字は本文より)
それを全体として増えているというのは意味不明です。
普通は、「成長が急激に縮退しており、国内自動車産業は斜陽化」と考えませんか?

どこの誰かしらない人にこんなことはいいませんが、大手ポータルサイトからのリンクできて、かつ著者がマーケティングが専門家を名乗るならこの記事はかなり異常だと言わざるをえません。。

車は必須

NTさんの「成長が急激に縮退」はそうでしょうね。経営や投資家の視点で見て高成長を期待する意味では、新興国市場の開拓などが最重要でしょう。
ですが、国内市場がたとえ6000万台で完全に頭打ちになって廃車までの平均寿命が12年になったとしても、毎年 500万台の新規需要の市場はあるのですよね。
これは、ガラケーの市場がスマホに押されて縮小している状況などとは違うと思います。
ガラケーの産業(専業というのはないでしょうが、あったとすると)は「斜陽化」で「終わった市場」なのでしょうが、クルマは成熟市場であって衰退しているわけではなく、一定の商機はあると思いますが。

NT

車は必須 さん

御丁寧なコメントありがとうございます。
斜陽か成熟かで 車は必須 さんと特に意見をたたかわす必要はないと思っています。
要は このブログのタイトルの 「「クルマ離れが起きている」はウソ」 はあきらかにミスリードだし仮にもマーケティング専門家が成長が確実に鈍化しているのをステロタイプな一方的な見方というのはなにをかいわんや、の一点なのです。

あのう

独身者になると車が必要なくなるしね。
移動は公共交通機関で済むし、税金、保険余分に払わなくていいし、各種手続きもしなくていいし、車を持つ意味って無いんだよね。
大体、車を運転しようと思ったら国の「許可」が必要になるんだし(運転免許のことね)、しかも許可を得るための試験を受ける権利を得るためには教習を受ける必要があるかのように宣伝して天下り先に誘導して教習受けさせたりといろいろとね

drp

少なくとも大学生の車保有率は確実に減少していると思います。
以前は学生がみんな車で通学するため大学の駐車場が足りなくて問題となっていたのに、近年の駐車場はガラガラ。
代わりに駐輪場不足が問題になっています。
学生と話すと「欲しいけど、お金がない。」というのが多いです。中には自動車学校の講習代も出せないという学生もいます。

少なくとも若者の車離れは本当でしょう。日経新聞が2007年のアンケート調査で、20代の自動車の所有率は、2000年の調査では23パーセントあったのが、2007年には13パーセントと減少しているデータがあるので、若者の車離れは起こっています。

 そもそも保有台数だけで、車離れを語るのもおかしいんですよ。アメリカでも、若者の車離れは起こっていますが(Is Digital Revolution Driving Decline in U.S. Car Culture?と検索すればでてきます)車の保有率ではなく、若者層の免許保有率や運転時間の統計データを出して、車離れが起こっているという結果を出しています。日本でも自動車の保有率ではなく、運転時間などのきちんとした統計データを出して、車離れについて調査しないと駄目でしょう。

みなさま、コメントありがとうございます。

コメント以外でも数多くの反応をいただき「車離れ」というキーワードについて思った以上に関心が高いことも明らかになりました。

さて、この「クルマ離れ」という言葉、本文中では「国内の乗用車の保有台数が減っている」ということを置き変えたものとして使っています。

別のタイトルをつけるとすると「クルマが売れないとよく言われるので乗用車の保有台数も減っているような気がしていたがそれは誤解だった」ということになります。

クルマ離れを多くの人の自動車に対する興味関心、情熱が薄れている状態と捉えると、総保有台数が減少していないことだけをとってウソというのはおかしい、と感じた方もいらっしゃるのだと思います。

今回は、数日前に保有台数が減ってはいないという統計を見つけて自分でも驚いたこと、これを自動車市場にも関心の高い身近な友人たちに示したところ、やはり驚く人も少なくなかったため、単純に事実をお伝えする趣旨でブログにまとめたものです。

若年層のクルマ離れについて引用した記事については、厳密にソースまで確認して検証したわけではありませんが、興味深い指摘だと感じたのでリンクしました。

いずれにしてもクルマ好きの一人として個人的には一般にクルマが好き、楽しい、欲しい、ドライブしたい、というようなパッションは減速または後退しているだろうと感じています。

保有台数は減っていないとしても、関心や熱意が下がっているとか、そもそも自動車に乗る機会や距離が減っていればクルマ離れが起こっているとも言えると考えます。

そういった意識調査や利用状況の統計なども調べてみたいと思っていますが、ちょっとすぐに適切なものが見つけられなかったことと、少なくとも保有台数は減っていないということを明らかにするだけでも「へぇ、そうだったのか」という面があると考えてお伝えした次第です。

おそらく起こっているであろう、クルマに対する関心が薄れている、利用状況が低迷しているという意味での「クルマ離れ」について憂慮している者の一人として、Twitter、Facebook、はてブなどで多くのみなさんにこの記事に関心を持って引用いただけたのは、現状認識のひとつのきっかけになったという点で、大変光栄に思います。

このブログにコメントするには、コメント欄に書き込んだ上でメールアドレスを入力し、さらに画像認証も経なければならないのでけっこう敷居も高いのですが、そんな中コメントいただいたみなさんにはあらためて御礼申し上げます。

佐藤

自動車不要のコンパクトなまちづくりが叫ばれる中、自動車が売れてしまっているというのは、ある意味残酷なことであると私は思う所でもあります。
これからどんどん高齢化が進み、免許返納者も増えてくることでしょう。その時、マイカーが無くてどうして生活していけるか。
マイカー蔓延のせいで公共交通も廃れ、マイカー前提の地域構造ゆえに生活用品販売店への距離も極めて遠い、歩道さえ整備されていない箇所も多く、自転車レーンにもなると更に絶望的。
中心市街地もボロボロです。自動車が売れれば売れるほど、自動車が増えれば増えるほど、その地域は高コスト化で立ち行かなくなる。


自動車とともに劣悪化、不便化、非効率化、衰退、過疎化、人口減少、交通難民・買い物難民の急増、限界集落化自滅していく地域
自動車にしがみつき地域を滅ぼすか、自動車依存中毒から脱して持続可能な社会をつくり上げるか


自滅する浜松 - シートン俗物記 http://d.hatena.ne.jp/Dr-Seton/20071022/1193042445
自滅する地方 自滅した浜松 その2 - シートン俗物記 http://d.hatena.ne.jp/Dr-Seton/20090127/1233057329
自滅する地方 自滅した浜松 その3 - シートン俗物記 http://d.hatena.ne.jp/Dr-Seton/20090207/1233995960


自滅する地方都市 - シートン俗物記 http://d.hatena.ne.jp/Dr-Seton/20070328/1175070164
自滅する地方都市2 理想の街とは? - シートン俗物記 http://d.hatena.ne.jp/Dr-Seton/20070329/1175137504
自滅する地方都市3 トゥモロー・ワールド - シートン俗物記 http://d.hatena.ne.jp/Dr-Seton/20070330/1175232370
自滅する地方都市4 街づくり像 - シートン俗物記 http://d.hatena.ne.jp/Dr-Seton/20070403/1175588517
道路を広げてはいけない 自滅する地方都市 - シートン俗物記 http://d.hatena.ne.jp/Dr-Seton/20070626/1182849631


自動車依存からの脱却、脱自動車、自動車不要で子供からお年寄りまで安心便利に通行でき、暮らせる地域づくりが、これからますますキーワードとして注目されていくところでしょう。
その中で、自動車は制限や取締が強化され、公共交通が優遇され、排ガスも騒音も出さず健康増進効果も高い自転車は同等以上に優遇される。
自動車依存はメタボリック症候群からの合併症治療費増大により、地域の医療費増大も招いている現実がありますから、その予防につながる自転車は救世主ともなりえます。
特に、団塊世代が免許返納年齢層に達するまで、もう間もないのですから、いまのうちにマイカー不要で便利に暮らせる地域づくりに着手、対応できない地域は、今後急速に厳しい現実に直面していくことになりそうでうす。
便利である自動車ですが、自動車にしがみつけばしがみつくほどに、行政がそれを許してしまうほどに、地域が苦しくなっていった。危険で、不便で、自動車公害にも苦しまなければならなくなった。皮肉なことです。
そして、先進諸国では、もっと早い段階から自動車依存脱却、公共交通優遇、自転車優遇、マイカー不要で安全安心快適便利に暮らせる地域づくりに着手しています。自転車レーン整備もその一環です。
高齢化が著しい日本も、いずれその道を歩むことになる。ならば、早い段階から注力すべきなのは、誰もが信じるところでしょう。市民らも、それらを遠慮なく市長や議員、知事ら等に要請してよいものであります。

佐藤

「その車、本当に必要ですか?」“金食い虫”の自家用車の維持コスト http://diamond.jp/articles/-/24093
週末しか乗らないなら、そもそも必要ないのでは? http://diamond.jp/articles/-/24093?page=2
マイカー乗車1回あたり、5000円以上掛かってる!? http://diamond.jp/articles/-/24093?page=3

自動車にまつわる初期費用、定期出費

・車両代金  ・カーナビ、チャイルドシート等のオプション費用  ・消費税  ・教習所を含めた免許取得費用
・免許更新費  ・駐車場代金 ・オイル交換等、諸々のメンテナンスコスト  ・燃料代  ・揮発油税及び地方揮発油税
・租税特別措置法による暫定税率  ・高速道路料金  ・交通違反反則金  ・自賠責保険(強制)  ・自動車保険(車両、対人、自損 etc.)(任意)  ・自動車取得税  ・自動車税
・自動車重量税 (自動車は1トンを超える車体重量を有し道路を傷めるため、重量税他諸税が課されている。自転車は軽量で道路を傷めないため、世界中で課税無し。)
・車検費用  ・加害事故を起こし、交通刑務所囚人となり人生破綻へ。自身の死傷も多発。自動車のコストは最大。また、自身の死傷リスクと刑務所服役リスクが最も高い乗り物である


自動車乱用が蔓延し、自動車流入制限、自動車抑制施策が不十分なために渋滞公害発生 渋滞で動けない救急車(警察車両、消防車両も) 失われる人命。
http://www.youtube.com/watch?v=uC9IPDyFgs8
事故を誘発した違法駐車運転に6千万円の賠償命令 消防車や救急車の行く手を阻む違法駐車 緊急事態現場への到着、未だ遠く
http://www.city.minokamo.gifu.jp/home/kouhou/IHAN/1.html
神奈川県警察/私たちの街から違法駐車を追放しよう!
http://www.police.pref.kanagawa.jp/mes/mesf4001.htm
路上駐車の運転手が女児死亡事故を誘発したとして車庫法違反で約3400万円
http://www.47news.jp/CN/200408/CN2004080601003709.html
コストも割にあわず、自他に多大なリスクをもたらす自動車を売り捨てる人々が増えている。
自動車不要で快適に暮らせる地域(都市部等)への移住を決意する人々が増えている。

あなたの「まち」、これからどうしますか? コンパクトなまちづくりを目指して ──自動車不要で誰しもが安全安心、快適、便利に暮らせる地域づくり 国土交通省
http://www.mlit.go.jp/crd/index/pamphlet/01/index.html

佐藤

クラス別自動車維持費
http://kuru-ma.com/page317.html
あと1年半で軽自動車の維持費は普通車よりも高くなる
http://www.dailyrootsfinder.com/car-tax/

自動車貧乏から抜け出す人々が増えている。自動車不要で安心快適便利に暮らせる地域へ移住する決断をする人々の波。良い物件はすぐに契約が決まる。
なぜか高所得貧乏…無駄な「こだわり出費」退治法 :もうかる家計のつくり方:マネー :日本経済新聞
http://www.nikkei.com/money/features/23.aspx?g=DGXNMSFK12047_12072013000000&df=1

自動車保険:損保各社が保険料引き上げへ- 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20130518k0000m020128000c.html
自動車の任意保険料なぜ値上げ?| ビジネスジャーナル
http://biz-journal.jp/2013/05/post_2141.html
>朝日新聞にコメントを寄せた損保関係者は「もっと値上げしないと収支が合わない」と語っており、来年以降も値上げが行われる可能性も否めない。

そして、2013/6/7に成立した改正道交法により、自動車への規制や罰則が強化されており、この規制取り締まり、厳罰化の流れは、より一層強まる見込み。
自動車保険料値上げが確定し、今後もユーザー負担が強まり続ける見通し。

ガソリン価格もまた、高騰の気配。夏休みのガソリン価格、家計に負担も
http://bylines.news.yahoo.co.jp/kosugetsutomu/20130619-00025807/
事故を誘発した違法駐車自動車ドライバーに6千万円の賠償命令 消防車や救急車の行く手を阻む我が物顔な違法駐車 緊急車両到着遅延により失われる人命
http://www.city.minokamo.gifu.jp/home/kouhou/IHAN/1.html
自転車で通勤したい!米国で進む“クルマ離れ" イエス・マガジン(USA)より | World Biz News | 現代ビジネス [講談社]
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/35447

コメントを投稿する