ロスジェネ彼女無しダメ人間がネットとケータイについてブログを書いたりします。

先週、日米アマゾン価格比較サイトをつくったんですよ。

»

先週、日米アマゾン価格比較サイトをつくったんですよ。個人輸出や転売ヤーのためのアマゾンの日米の価格差と米国内販売ランキングを教えてくれるサイトです。

日米アマゾン転売価格比較サイトを作ったらカロリーメイトが九千円で転売されてた

米国では日本製品が1〜20万円ほど上乗せして個人輸出してるケースが多く、その価格差の一覧を出すサイトです。アマゾン個人輸出で本業より儲かってるーという人の話もリアルでちょいちょい聞いていたし、これはきちんとやれば、多分儲かるだろうし、人を騙してる感じにはならんし、一部の日本製品が米国で高く売られていて、ビジネスになっていて、amazonさんで公式セミナー開いてたみたいだし、日本語対応も充実してますし、地道にやればポチポチするだけで 儲かるだろうし、人を騙していることにもならんだろうと思って作ったわけです。おそらく利用者も少ないので約2万円の有料サイトにしました。まぁ、輸出関係や日本製品のECサイトやってる人でも意味あるんじゃないかと思います。

ぶっちゃけ、このサイトは日米アマゾンの価格差と日本製品の米国内販売ランキングのCSV生データ1万件を1万9800円で売るというビジネスです。1件2円。アマゾンで個人輸出をしている人にはスーパー宝の山ですが、そうでない人にはクソデータです。買うな。

「そーさいのファンなので買いました」みたいなメールを一度いただきましたが、正直、そういう買われ方をすると心が痛みます。本当に淡々集めたと価格差と米国内ランキングのCSVデータなので、使う人には宝の山ですが、そうでない人は意味ないので、その金で Oculus Goでも買ってください。

なんで今までなかったのかというと、たぶん、日米アマゾンであわせて数億ページあるからでしょうね。しかも、日本のアマゾンさんはすぐにアクセス制限をするので面倒くさいです。

まぁ、買って頂いた方もいるし、そういう人に損させては申し訳ないので、はてぶで出た文句をいろいろ改良して、 価格差のほか、売れる商品と売れない商品が分かるようにしました。具体的には、価格差以外にランキングなどをつけました。おかげで、高額無在庫転売ヤーが一目瞭然でわかるようになってしまいましたが。

使い方がわからないという人のために:

amzon_kakaku_hikaku.png

なんか使い方わからんといわれたので書きます。ぶっちゃけサイトに書いてある表はオマケです。とりあえず、必要な人は1万9800円払ってください。調査費用で考えると超絶安いです。意味があるのはCSVデータです。クレカでお金払うとトップページからCSVデータがダウンロードできるようになるのでダウンロードします。

goole_drive.gif

エクセルなり、Google Driveで開くと、そこには、知ってはいけない真実があります。商品名、価格差、ランキングなどが出ています。ランキングが0になっている商品がありますが、これは全く売れてない商品です。特に高額転売はランキング0が多いです。3万円上乗せくらいの商品で半分がランキング0です。つまり日本価格+2~3万円くらいで半分が全く売れてないですが、半分は売れてます。一方で売れるものは売れてることが分かります。日本製の一部の調理器具や健康器具とかアニメ関連商品とかですね。ちなみに萌えアニメ系のグッズはそこまで売れてないです。クールジャパンばんざい。アメリカ行ったことある人は"一般の人"への萌えアニメの売れてなさは実感してますよね。このへんの目利きが視覚的にできるだけでこのサイトの意味があると思います。また、ランキングがついていても「ランキング100万位」とか普通にあってびっくりしますが、アメリカのアマゾンの商品登録件数は5億点以上なので、500万位で上位1%に入っていると思っていいと思います。たぶん。

とりあえず、ランキング0の商品をズバっと削って、価格差順にソートで並べて、価格差+1~10万円くらいで、びゃーっと探すと、まぁ、だいたい日本製品でアメリカで売れているものが分かってくるので、あとはAmazon公式の転売マニュアルでも見て、適当に転売してください。

やっつけサイトに見えますが裏方はめんどい。。。

ぶっちゃけですよ、やってることって、見つけた限り総当りで日米アマゾンで価格を比較してAmazonに問い合わせて ランキング引っ張っているだけです。ただ、量が多い。日米アマゾン合わせて、数億ページもありますし、日米アマゾンのどちらでも売っている商品って1000個に1個あるかないかです。ですから、「なぁなぁ、この日本製品はアメリカでも売ってるー?」と米国アマゾンに問い合わせても99.9%は「そんなもの売ってないよ」とお返事が返ってきます。0.1%だけ 「あるよー」って返ってくるので、それを表にまとめる地道な作業です。まぁ、一万件の価格比較を出すだけで、一千万件くらい問い合わせて、999万回「そんな商品はアメリカで売ってない」というやり取りを繰り返しているので、まぁ、一週間はかかります。日本のアマゾンのほうが規模が小さいくせにすぐアクセス制限してきます。 めちゃくちゃ売れるのなら、amazonのアカウントを100個くらいとって、分散化して高速化すればいいんでしょうけど、 そこまで売れるものでもないので、どうしたものかと思ってます。

その手間だけでも値段の価値はあると思ってます。作ってて、日本製品の米国市場が分かって個人的には面白かったです。

日米アマゾン価格比較:
https://amzn.fukuyuki.net

amzon_kakaku_hikaku.png

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する