ロスジェネ彼女無しダメ人間がネットとケータイについてブログを書いたりします。

中国の爆買の転売価格を比較検索するサービスつくりました。国慶節なので。

»

一缶2万円弱で転売される山本海苔など:

backguy_top.png

これは爆買の転売価格と転売先のurlを比較検索する有償サービスです。無料でも少しのぞけます。日本の製品がいかに高く評価されているのか知って頂ければ本当に嬉しいです。下記はDHC関連商品の価格差です。すごいですね。ちなみに中国の転売サイトは日本からも登録できます。

DHC.png

結論からいうと、マツモトキヨシやドンキホーテで売っているような珍しくも何ともない商品の一部が3割から2倍くらいの値段で転売されており、 一部のプレミア商品が5倍以上の値段で転売されていることが分かります。 なぜ中国人が大量に化粧品を箱でまとめ買いするのか謎が解けます。理解に苦しむような高額な価格が付いているものも多いです。 また、転売サイトは日本からでも登録できます。

実例をあげます。定番の化粧品SK-IIの転売先を本サイトで検索すると、物によっては2倍程度で売られています。

bg_sk2_seach_log.gif

差額は最大1万5千円。中国の方が10個も20個も買うのが分かる気がします。スーツケースいっぱい買えば、5、6回は日本旅行できそうです。

sk2-china.jpg

クリックすると転売先のサイトを見ることができます。たしかに154元=29,000円程度で売っています。日本では1万4千円程度です。多くの中国の転売サイトは日本からも登録できるようです。群馬県など日本の地方から出品されている方が非常に多くて驚きます。

このサービスでは日本の購入サイトも見ることができます。ただ、日本に在住の場合、自分でお近くのドラッグストアで買った方がやすいかもしれません。

理解に苦しむ値段が付いているケースもあります。この山本海苔キティちゃんコラボの海苔ですが34倍の値段で売られています。日本での価格が540円なのですが、中国では999元、18,831円で出品されています。ただし、これは特殊な例であり、こんな値段で売れるかどうかはぼくもよくわかりません。

yamamotoyama.png

kitty_nori.png

このように、このサービスでは、何が高く売れるのか、どれくらいの相場なのか調べることがわかります。ドラッグストアでスマホから検索すると楽しいです。

なぜ有償サービスなの?

無料にすると炎上するような情報ばっかりなので、今の所、価格は30日で9,800円です。インターネットで有償サービスを作るとなぜ無料ではないのか怒る方が多いので書いておきます。 訪日中国人は平均43万3000円のお金を使って日本に来ています。転売目的の方は旅行費用をペイすることが多いです。 それから考えると劇的に安い価格ですが、日本人でこの情報をお金払ってまで欲しい人が何人いるのか疑問です。

今後の展開:人工知能とか

いろいろ調べると、アメリカと中国、ヨーロッパと中国、アラブとアジアでも、価格差を感じます。人力とスクレイピングも限界があるので、画像認識と人工知能とかでできないかと考え中です。ディープラーニングできるほどサンプルがないので、半分人力を組み合わせて、いろいろ自動化したい。

Conohaでつくった

このサービスは、GMOさんのVPSサーバーであるConohaで作ってみました。

この転売サービスを使ってみたい人はぜひ使って下さい:
http://backguy.crazyworks.jp/

↓ご意見、ご感想はTwitterで!できればフォローしてください。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する