ロスジェネ彼女無しダメ人間がネットとケータイについてブログを書いたりします。

たぶん人生がうまくいく法則:

»

個人的に、人生がうまくいったいたときにしていたことは以下の通りです。ずっと続けるのはしんどいです。


(1)目標を数字と日付で設定して書いておく:
目標をなんでもいいので数字と日付で設定します。なんでもいいです。ぼくが、ボッチで東京に来たときは、「とりあえず、一人で来年3月末までに売上5,000万円」「12月までに体脂肪を20%切る」でした。

(2)前項(1)を達成するために必要なTODOリストを作る:
目標をつくって、ぼーっとしても、方法が分からないので、その目標を達成する方法を考えます。ぼくが東京に来たときは、「とりあえず、週に一度は取引先に行く」とか「ジムには週3回は通う」とかでした。タスクリストを作ります。今考えると、それで達成できそうにないタスクですが、大事なのはタスクを設定することです。TODOの中身はどうでもよくてアクションすることを決めたことが大事だったんだなと思います。


(3)前項(1)の目標と進歩状況を毎日分かるようにする:
目標を設定しても、ぼくはアホなので5分後には忘れます。そこで、目標と実績を毎日分かるようにします。なんでもいいです。グラフにするとか、手帳に(2)で作ったTODOを張るとか、壁に貼るとか、google scriptで毎日定期メールを飛ばすとか、はてなグラフとか、なんでもいいです。毎日、進歩状況を分かるようにします。ぼくは、手帳の1ページ目に売上と体脂肪のグラフを張ってました。ストレスはたまりますが、案外、達成できたりします。


(4)運動をする:
運動するとポジティブになりやすいです。運動できる奴はバカでポジティブな奴が多い思ってたけれど、いろいろ調べると、運動すると人は考え方がポジティブになるらしい。バカほど運動するヒマがあるから、運動する奴ほどバカでポジティブな人が多いのだと思う。最近は、ジムの会員費だけ払って、なにもしてません。ネガティブにおちいると、自殺サイトで自殺に必要なamazon買い物リストとかを上から順番に買ってしまったり、青酸カリの海外購入方法を探し始めたりするのでよくないです。


(4)早く起きる:
早く起きると、悪いことが減ります。早起きは3億の得らしいです。ぼくは、あまり実行できていません。ただ、早起きを習慣にしていたときは、人付き合いも多く、仕事もたくさん来ていたように思います。


(5)年に一度は海外旅行をする:
海外旅行は大事です。国内で同じところで、同じようなことを毎日していると価値観が固まります。先進国ではない所がお勧めです。海外でいろんな体験をして、たまには、「ああ、アプリとかインターネットとか、人間が生きていくのには、どうでもええねんな」と思わないといけません。残念ながら、最近はアジアが発展しすぎて、刺激が少なくなりました。だいたい仕事の転換期は海外旅行の後に来る気がします。

面倒くさくなって、全部やめてしまったため、最近は人生うまくいってません。欝っぽいので、何もする気がないです。もう一度、いろいろ初心に戻ってやり直そうと思って書きました。

Comment(0)