ロスジェネ彼女無しダメ人間がネットとケータイについてブログを書いたりします。

Ameroadが手数料0%になってandroid対応になって、携帯電話の利用料金と一緒にお支払いできます。

»

先日、Razest社に売却したAmeroadですが、出品手数料0%になって、androidスマホに対応しました。 スマホです。決済画面でpaypal、Google wallet、マーケット決済など多彩な決済が選べます。

Ameroad_buy_android

今後も、多彩な決済方法に対応して、クレカもって無い人でも購入できるようにしていくようです。 もちろん、ソフトバンク、AUも可能です。(ぼくは試したことはないですが。)プリペイド系決済の審査も通ってるっぽいので、近々対応していくようです。

Ameroadアプリは普通にandroidマーケットで無料で配布されています。PCまたはandroid端末からダウンロードできますので、お試しください。

Ameroad_markets

Android決済の対応は、ぼくが、売るときにRazest社長にこれは実装して!とお願いしたものです。ありがとうございました。

出品手数料が0%になり、出金が2000円からになりましたというより、 手数料を購入者側に上乗せすうようにしました。 理由はかんたんで、google walletやpaypalやケータイ関連の決済やプリペイドに対応すると 全部、手数料がかなりバラバラでどうしようもないです。いちばん高いものにあわせると、 ユーザーが損します。androidなんて手数料30%です。paypalは一桁台です。 ですから、購入者に持たせたほうがいちばん安いしハッピーに見えるので、 いちばんいいシナリオですね。

一部で話題です。

あと、最近、コンテンツですすごい熱いなーって思ったのは、 PCエンジン版イースの移植の製作メモですね。

200ページを超えるpdfファイルですが、オッサンにはかなり熱いドキュメントです。8bitゲーム機でCD-ROMを使ったイースを移植した熱い開発ドキュメントです。なんでイースが半キャラずらしゲームになったのか、長年の疑問もはれました。3月まで配信だそうです。(ハイドライドから体当たりアクションはあった気がしますが。)

PCのサイトもなんだか、ぼくが作ったものとだいぶ変わってしまいました。デフォルトでのtableタグでつくっていたサイトはあとかたもありません。

Ameroad_top

なんか、売ったくせに、いろいろわーわー口出してます。普通のバイアウトじゃないよなぁ。Razest社のみなさん、うるさくて、申し訳ないです。


アルファブロガー・アワード2010受賞


↓ご意見、ご感想はTwitterで!フォローするとネット業界のアレなことをたびたびつぶやきます。







Comment(0)

コメント

コメントを投稿する