ロスジェネ彼女無しダメ人間がネットとケータイについてブログを書いたりします。

みんなガラケー市場の怖さを知らない

»

ソースは総務省→ココです2009年で1兆5206億円市場だそうだ。

Mobmarket

去年より2000億円近く伸びている。今の日本経済から考えてると伸びている方だと思う。

Uchiwake

内訳:1位は「着うた」だ。ただこれはもう伸びないし利益率も低い。伸び率最高は、予想通りアバターとアイテム課金。生活情報も伸びている。生理日をメールで通知する月額数百円のサイトがいっぱいあるがそういうのかもしれない。

Luna

今見たら「会員が180万人を突破」しているので、ウソじゃなければ月収3億4千万円、年間40億円くらいと思われる。たぶん、今iPhoneアプリで年間40億円稼ぐのは限りなく不可能に近いと思う。

「ガラケービジネスはもうだめだね。これからはiPhoneコンテンツさ!」といっている人は国内1億台のガラケーと1.5兆円の市場がすぐなくなると思っているんだろうか。そして、すでに20万個登録されてるアプリとケンカして勝てると思っているんだろうか。ブラジル人や中国人が作った100円コンテンツに勝てると思っているんだろうか。

もちろん、今後はスマートフォンが出るだろうけど、上の表にあるような数字はたたき出しにくいと思う。まだAndrodはキャリアのマーケットがちゃんとしてくれたら可能性があると思う。

追記:ぼくがいいたいのは、「iPhone使うのはいいし、便利だし、いいんだけど、趣味で作っても楽しいけど、カネかけて、人や雇ってiPhoneコンテンツの仕事はしたくないなぁ。」という話です。Apple製品は昔から「使うは天国、作るは地獄」なんだな。

Comment(18)

コメント

とおりすがり

統計のウソですね。

1機種辺りの市場で比較してみましょう。
「これからはiPhoneアプリの時代だ!iPhoneアプリを作って一儲け」もウソだけど、「ガラケー市場『全体』あわせればコレだけあるから、iPhone市場より魅力的」と言うのもウソ。

とおりすがり2

同じく「ガラケー」と総括するのが「パソコン」と総括しているのと変わらない書き方で、
開発者ですが、ガラケーの検証ってちゃんとやったことございますか?200機種×3キャリアとか下手するとすることになるし、開発各社がケータイ博物館みたいになってるんですよ。
40億は音楽の権利ビジネス部分だから、そこだけ切り出したら、着メロが流行らないiPhoneが目立ってダメなように聞こえますが、善し悪しだと思います。
いまからガラケーやろうと思いません。未来が無いです。

>今見たら「会員が180万人を突破」しているので、ウソじゃなければ月収3億4千万円、年間40億円くらいと思われる

ここは間違ってないですよね(多少誤差はあるとしても)
iphoneアプリ(またはサービス)でこれだけ稼げているところはいくつあるやら…
さて、iアプリマーケットからいくつ出てくるかな?

まぁよくもこんなくだらないサービスに金払えますねぇ〜っていうのが、いつも思うこと。
考え方は人それぞれだけど、やはり自分には理解出来ない。世間とずれてるのかな。
だから儲からないのか。儲けることに徹したらきっとなんでもできそう。

装飾(HTML)メール、電子書籍とか、実用的なものならまだわかるけど、きせかえ?占い?アバター?言葉は悪いが、バカらしい。
日本のインターネット、ITはエンターテイメントしか儲からないのか。ニュース・天気などの有償情報提供や生産性向上・生活支援サービスがもっと伸びてほしい。
ケータイにそれは求めちゃいけないか。まだまだ遊びの道具ってことだよな。

儲けに徹するならガラケー、未来を作りたいならiPhone/Android。

やんぐ

たぶん、ガラケーとかiPhoneアプリとかそういう提供手段の問題ではないのでは?
仮にルナルナのiPhoneアプリあったら使う人いるでしょ。

多分、iPhoneアプリは一人で作れるから、ビジネスとして取り組むことに腰が引けるんだと。ガラケーはキャリアが守ってくれるからです。

レレレのおじさん

否定的なコメントが多くて逆にホッとします。
ガラケーコンテンツでメシ食ってる私としては、正直あまり知って欲しくない事実ですから。
目の前にあるのは同じ景色でも、人は見たいものを見たいように見る。そんな感じですね。

話は変わりますが、エンタメ系を「くだらないサービス」で片付ける人、まだまだいるのですね。
視野の狭い教育をうけたせいで、人生について深く考えたことないんでしょうね。

あ!「1機種あたりの市場で比較〜」というコメントは面白いと思いました。
もちろん全く無意味な分析だとは思いますが、こういう無意味な研究を真剣にやる人がタモリ倶楽部によく出てて、すごく人生楽しそうなんですよ。

中の人

ガラケーとアプリとの大きな違いがもうひとつあります。

それは毎月課金が有るかどうか、自動の。

着うたなんかは、DL されたらJASRRAC等への著作権料、権利元への支払い、キャリアへの支払いで実は赤に近いトントンです。

でも、退会忘れてくれたら、翌月以降は丸儲け。
これが売り切りアプリにはないビジネスモデル。
実際、結構な数の人が寄腐会員として残ってます。

トキ

> でも、退会忘れてくれたら、翌月以降は丸儲け。
 
こういうあざとさは80年代なイメージで懐かしいです(笑)
「サービスに自信があるから継続してくれて当然」なら感心しますが、
「退会手続きを忘れてくれたらラッキー」みたいな…
あまり向上心のあるビジネスモデルとは思えません。
 
そう考えてしまうは理解できますが、
結局こうして表立って口に出してしまうことで
消費者を見下した感じが駄々漏れなのはどうかと思います。
サービス提供側のイメージ展開としては最悪ですね。
それともあえて露悪的に開き直っているのでしょうか?

とおりすがり

きせかえ、占い、アバター、ゲーム全てくだらないですよ。
ただ人は、そういうくだらない無駄なものが好きだから市場として成り立つ。
ご自分でも「無意味な研究を真剣にやる人がタモリ倶楽部によく出てて、
すごく人生楽しそう」って書いてるじゃないですか。
そこで、教育がどうとか人生について深く考えてないとか言ってしまうのは、
逆に自分の視野の狭さを露呈している事になっていませんか。

RIKU

この世界は売れれば正義。iPhone自身、大層売れたから偉そうに出来るんじゃないか。くだらないといえば、iPhone自体が下らない。iPhoneがなくても、タッチパネル搭載ガラケーやXperiaやソフバンのAndroid携帯だって出来る事自体はあまり変わらない。
それでもiPhoneに人が集まるのは、デザインだとか売り方だとか、実用性とはあまり関係ない下らない部分に、客が惹かれたからに過ぎない。

例えどれだけ必至に努力して高尚なiPhoneアプリを作ろうが、売れなければキャリアが片手間に作ったiアプリに敗北するだけ。比べることに意味が無い(趣味ならいくらでも好きにすればいいけど)。

だいたい、ニュース・天気なんてGoogleにアクセスすれば無料で手に入るのに、金を出して買う奴なんてどれくらいいるのやら
(だいたい、ニュースはガラケーで出そうがiPhoneで出そうが、金が入るのはコンテンツ提供者なんでガラケー/iPhoneの違いなんて関係ないと思うけど)

零細

今年の春に公式サイトをau,SBで月額315で始めたのですが、
auは25人、SBは15人しか会員がいません。
予想と二桁違いました。
ドコモでもやりたいけど、ちょっとあれなのでむりなんです。
どうしたら収益化しますか?

村上 福之

>200機種×3キャリアとか下手するとすることになるし、開発各社がケータイ博物館みたいになってるんですよ。

今のロワイヤルとかのHTMLゲームはあまりない。うちも最初のリリースで10機種くらいみたら、あとは数機種しかみない。

iアプリ/BREW/着メロ時代は機種依存地獄でしたが、今のロワイヤルみたいなHTML+Flashゲームや「着うた」はほとんど機種依存あまり無いです。
2008年あたりから機種依存地獄でiアプリの案件はすごいイヤな顔をされるようになりました。着メロもMFDなどはMIDIと同じように機種依存の問題が発生しますが、着うたはあまり無いです。
だから、ブラウザゲームになった。
iアプリだいすきだったから、悲しい。

おいおい

ガラケー市場が終わりなんて誰もいってないw
imodeみたいなキャリア主導サービスが終わりなだけ。
これからはキャリアを超えたGREEとかモバゲーみたいなサービスが伸びる。
それにはiPhoneも対応してくだろw
iPhone市場やandroid市場が魅力的なのは全世界に発信できる点に尽きる。
iアプリのユーザは多くて5500万人だろwww

サードライフ

かつて暇つぶしのため大量に消費されてたテレビ番組やら雑誌やら音楽なんかから、ケータイ産業に人も金も流入しているんだろうな。
しかも単なる暇つぶしにプラスして、情報端末としてもコミュニケーションツールとしても膨大な数の人間と企業がつながってるわけだし。
衰退しつつある産業が”うまいこと”流入してくれば巨大なエコシステムが形成されて巨大企業の世代交代のチャンスなんかが生まれるんだろうな。
逆に言えば、タイミングがうまくいかなきゃガラパゴスな巨大システムができあがったあげく恐竜になっちまう。
今の日本に果たしてできるのか・・・コメント欄見ると日本のネット界はアホばっかみたいだから無理かなw

Donguriおじさん

中々専門的なご意見ばかりの中に割り込んで申し訳ないです。。。田舎の山奥で暮らしている一人者です。このブログに勇気を奮って参加してみたくなりました。今年63歳ですので無理も無いことですが・・・
本々、物作りが好きで色々なアイデアをシステム化してきましたが、今回は携帯電話中心の情報端末(スマートフォン;PC)においてWeb上から電話の繋がる技術を開発中です。と聞けば、Skypeがあるだろ・・Phone2があるじゃないかとそしられそうに思いますが、そうではなく従来の電話交換網とWebを同期させて動かす仕組みです。当然、現在のスマートフォンの能力も理解していますが、電話という概念に違いがあり、突き詰めれば今の時代に一番かなっている技術だと思い込んでいます。これだけの情報では話のねたにならないかな?
どんな意見でも聞いてみたいのですが・・・

喝!!

>エンタメ系を「くだらないサービス」で片付ける人、まだまだいるのですね。
くだらないよ!!。
>視野の狭い教育をうけたせいで、人生について深く考えたことないんでしょうね。
エンタメでどうやって人生を深く考えるんだよ(藁)。
だったら読書なり、絵画なり、書道、楽器の演奏とか、それぞれ能力にあったできることあるだろ、趣味を有る程度モノにするにはそれなりに時間が掛かるよ、要するに何の苦労もなく何か満足した感が欲しいだけだろ。
要するに「ゆとり教育」のなれの果てだよ。

30代

>エンタメ系を「くだらないサービス」で片付ける人、まだまだいるのですね。
これ凄くわかります。私が子供の頃は漫画やアニメ、プラモデルなどオタク的趣味がくだらない趣味、そう言われていたものです。
そして現在ではそこそこ市民権を得たそれらがくだらないと言っていた人たちはどう思っているのでしょうか?
くだらない、とはそれを理解できない人間が言う、思考停止の呪文だと思っています。

求める者がいるなら、そこには自分が理解できる・できないに関わらず、何かしらの欲求と充足が存在するのは確実、と考えられないのでしょう。

がり勉キモい

>>通りすがり
がり勉必死だな気持ち悪い
どうせ全身ユニクロだろきもいがり勉
ニュースなんてくだらないもの若者は興味ない
理性気持ち悪い感性がすべて
これが大多数の若者の思想
よってガラケーが最後に勝つ

コメントを投稿する