専門的な情報を、立場の違う人に「分かるように説明する」のは難しいものです。このブログは「技術屋が説明書や提案書を分かりやすく書く」ために役に立つ情報をお届けします。

RDB性能トラブルバスターズ奮闘記・第14話

»

技術評論社のSoftware Design誌4月号が発売されました。

SD 201704 cover

「RDB性能トラブルバスターズ奮闘記」は第14話が掲載されています。

busters-v14-cover.PNG

今回は、「Excelを使ってSQL操作のイメージをつかむ」という話題。

SQLは本来は簡単な言語であるはずですが、「わかりにくい」と思われがちです。

その原因は「表を操作する」というイメージを持てていないことにあります。

「表操作」といえばExcelですので、Excelマクロで複数の表からデータを集めて処理をするワークを通じて「表操作」のイメージをつかみ、そのイメージを持ってSQLの勉強をすると理解が早いよ、というお話しです。

実際、生島さんいわくその種の仕事は事務職の人のほうが日常業務として経験豊富なのでイメージを掴むのも早く、SEよりも短期間でSQL文による複雑なデータ操作も身につけてしまうことが少なくないそうです。

詳しくは、Software Design 本誌にてご覧ください!

Software Design (技術評論社)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する