ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

【記事紹介】立ち上がるRPA市場、企業の導入を支援するインテグレーションが競い合う

»

2018年4月から「サービスから読むデジタル化の最新トレンド」というテーマで連載の機会をいただいており、

今回は、『立ち上がるRPA市場、企業の導入を支援するインテグレーションが競い合う』というテーマで記事を寄稿しました。

スクリーンショット 2018-09-20 17.53.51.png

人手不足から派生する業務負担の軽減や長時間労働削減など「働き方改革」を実現する手段として、RPA(Robotic Process Automation)に注目が集まっている。

RPAとはソフトウエア型ロボットによる業務自動化の取り組みのことである。RPAを導入して、これまで社員が実施していた業務の一部をソフトウエア型ロボットに置き替えようとする企業が相次いでいる。RPAによって、社員を付加価値の高い業務にシフトさせられるという効果を期待できる。

目次

立ち上がるRPA市場、企業の導入を支援するインテグレーションが競い合う

人手不足から派生する業務負担の軽減や長時間労働削減など「働き方改革」を実現する手段として、RPA(Robotic Process Automation)に注目が集まっている。RPAを導入して、これまで社員が実施していた業務の一部をソフトウエア型ロボットに置き替えようとする企業が相次いでいる。

クラウドへの移行を検討する企業は4割超に、加熱する「リフト&シフト市場」の覇権争い

 自社の基幹システムの更改を考える際に、多くの企業が「クラウドファースト」や「クラウドノーマル」という前提で議論を始めている。企業の情報システム部門は、一般的に既存のオンプレミスシステムとの互換性や継承性を重要視する。

加速度的に成長するAIシステム市場、勝者となるインテグレータの条件

 AI(人工知能)システム関連の市場が急拡大している。調査会社のIDC Japanが2018年5月14日に発表した「国内コグニティブ/AIシステム市場予測」から、その一端が垣間見える。IDCは、2017年のコグニティブ/AIシステムの市場規模を、2016年からほぼ2倍増の274億7600万円と推定し...

加熱する国内データセンター建設競争、海外大手の侵攻に対抗できるのか

 国内で、大規模データセンターの建設ブームが続いている。IDCによると、データセンターへの建設投資意欲が高い背景には、海外のハイパークラウドサービス事業者への対抗や、新技術への対応という側面があるという。

GPUの急拡大が呼ぶ、クラウド事業者の新たな戦い

 機械学習やディープラーニング(深層学習)の適用領域拡大に伴い、画像処理に優れた「GPU(Graphics Processing Unit)」に注目が集まっている。半導体メーカーのNVIDIAなどが開発するGPUを機械/深層学習などの汎用計算に応用する「GPGPU(General-purpose c...

AIと機械学習で、クラウドサービス事業者の勢力図は変わるのか?

 クラウドベンダー各社は2018年、AI(人工知能)やコグニティブシステム(人間が経験と知識に基づいて問題を解決する過程を、コンピュータで実現するシステム)を本格的に活用するフェーズに入った。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する