ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

Google+ページを開設する政府と自治体

»

政府や自治体におけるソーシャルメディアの活用は、ツイッターやフェイスブックなどがこれまで注目されてきていますが、最近では、「Google+」の公式ページを立ち上げる政府や自治体も出てきました。

米連邦政府は1月20日、「Google+」に公式ページ「The White House」を開設したことを発表しました(関連記事)。

image

日本政府においては、まだ「Google+」に公式ページの開設は確認できていませんが、今後のオープンガバメントの推進において、採用する可能性もあるでしょう。

日本においては、福岡市は2月1日、Google+ページを開設し、本格的に運用を始めることを発表しています(関連記事)。日本の自治体のGoogle+ページの開設は始めてとのことです。

image

地域においては、地域活性化において、ソーシャルメディアやソーシャルゲームを活用するケースも増えています。たとえば、最近の取り組みでは「高知県がソーシャルゲームの開発支援 GREEで公開」などがあげられます。

Google+ページが政府や自治体でどのように活用され、普及していくか、ツイッターやフェイスブックとともに注目していきたいと考えています。

 

 

image 「クラウド・ビジネス」入門 電子書籍版刊行

※担当キュレーター「わんとぴ

OneTopi「クラウド」@cloud_1topi(クラウド)   OneTopi「情報通信政策」@ict_1topi(情報通信政策) OneTopi「電子書籍」@ebook_1topi(電子書籍)

OneTopi「モバイル」@mobile_1topi(モバイル) OneTopi「SmartTV」@smarttv_1topi(スマートテレビ)

OneTopi「地域活性化」@localict_1tp(地域活性化)OneTopi「スマートシティ」@smartcity_1tp(スマートシティ)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する