ICT、クラウドコンピューティングをビジネスそして日本の力に!

ブログは専門性、Twitterは人間性を表現するツール

»

私自身、ブログは毎日投稿し、ツイッターも始めてから毎日つぶやいています。ブログは連続投稿は1,000日を超え、ツイッターの連続つぶやきは250日前後(合計約2,750ツイート)です。

先日、ツイッターの本を書かれた方とお話をする機会があったのですが、その方はツイッターを始めてから、ブログをほとんど書かなくなったということをお聞きしました。これまで、ブログなどやいろんなメディアに露出して知名度もあったため、ツイッターでうまく軌道にのり、ブレークすることができなのではないかと思っています。

オルタナティブ・ブロガーであり、ループスコミュニケーションズ社長の斉藤さんのブログ「ループスのB2Bフリーミアム・モデル ~ 自社ソーシャルメディア活用とその効果を公開します」の内容は大変興味深いものでした。その中で最も印象に残った文言をご紹介しましょう。

ビジネスパーソンにとって,ブログは専門性を,ツイッターは人間性をアピールする最高のセルフ・ブランティング・ツールであり,人脈開拓ツールだと思います

まさにそのとおりだと思います。私はブログにおいて、「情報通信政策」や「クラウド」それから「スマートグリッド」、「電子書籍」、「ソーシャルメディア」などを中心に書いています。できるだけテーマはバラバラにならないように、絞っています。その理由は、できるだけ自分の得意分野に「タグ」をつけ、自分の専門性を伝えていくためです。

一方、ツイッターの場合は、意識的にテーマを絞って、つぶやくということはあまり意識せず、むしろ、人のつぶやきを読んだり、情報の発信したりと、つぶやきのプロセスの中で人とのコミュニケーションを大切にしています。

昨日、書いたつぶやきの中で、結構反響が大きかったつぶやきをご紹介しましょう。

Twitterは自分の視点を変える訓練になると思います。流れてくるTLに対して視点を移動しない(できない)人は何が面白いのだろうと思ったり、反論ばかりしたくなって逆にストレスを感じるのかなと思います。

ツイッターは人間性がよく見えます。いつも前向きな人、従来の考え方から抜け出せない人、読むだけの人、反論や不満ばかりをつぶやく人、自己啓発関連のことをつぶやく人、いつも感謝の気持ちをつぶやく人、本当に様々なつぶやきをしています。つぶやきの内容を見ていると、なんとなくその人の人柄、人間性がよく見えてきます。ある方がツイッターの中で「ソーシャルメディアで徳を積み重ねる」といった趣旨のつぶやきがありました。日本人は徳を積むことをこれまで得意としてきており、そういった意味でツイッターは日本人の人間性を表現するツールに向いているのかもしれません。

ブログとツイッターはそれぞれ長所がたくさんあります。斉藤さんがまとめているように、

ブログは専門性、ツイッターは人間性を表現するためのツールであると考えることができるでしょう。ブログとツイッターが、相乗効果をもたらし、最高のパーソナルブランディングを作り上げていくと確信しています。そうなるために、これからもソーシャルメディアは積極的に活用していきたいと考えています。

Comment(3)

コメント

通りすがり

ブログって、そんなに肩肘張るものでしたっけ?
社名すら出せないのですから、もっと気楽で良いのでは?

林さん
ループス斉藤です。
記事の引用,ありがとうございます!
4/14,神戸でお会いするのを楽しみにしております!

みず

テーマごとに複数のブログを使い分けている人はかなりいますね。
一方、twitterは、テーマごとに複数アカウントを使い分ける人はあまりいないように感じます。
twitterでは、どうしても返信などで雑音が混じるので
テーマを絞りにくくなるのではないでしょうか。
それで意外な一面を見る/見せることもあり、
それを好むかどうかでtwitterへの好悪もかなり変わりそうな気がします。
個人的には、他の方への返信(=私信)が並ぶと、
すぐ隣りで携帯で話されている内容が筒抜けになっているような、
なんとも居心地の悪さを感じてあまり好きになれません。
ブログのコメント欄は無視できるのですが、twitterだとどうしても視界に入りますから。

コメントを投稿する