海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

YouTube Redのオリジナル映画「Lazer Team」を1250円も払って購入してみた

»

2月5日に「「YouTube Red」オリジナル動画、2月10日配信開始 日本から購入可能」という記事を書いたものの、しばらくオリジナルコンテンツが出てこなくて、本当に買えるかどうか分からずに不安だったんですが、13日に買えました。

YouTubeのヘルプによると、映画コンテンツは公開から1カ月後に買えるということなんですが、なぜか「Lazer Team」を購入できちゃいました。lazer1.jpg

いつもGoogle Playでアプリを購入しているGoogleアカウント(=決済データ入力済みアカウント)でYouTubeにログインしていれば、日本円での購入価格が表示されているコンテンツなら数クリックで購入できちゃいます。

購入したコンテンツは、Webブラウザでも、YouTubeアプリでも、Apple TVでも、Chromecastでも、何度でも視聴できます。

というわけで、Apple TVのYouTubeアプリで大画面で見ましたよ。一応HDなので、普通に映画として楽しめました。(下の画像はChromeで表示したところ。)lazerteam.jpg

「Lazer Team」は、ひょんなことから宇宙人から地球を守ることになってしまったへっぽこ4人組が最終的に宇宙人に勝利するというアメリカンなSFコメディ。「ピクセル」とか「マーズ・アタック」とかがかなり好きなので、楽しめるかなーと思ったんですが、うーーーーん、ところどころ笑えましたが、1250円払ってまで見るものじゃなかったかなーと思いました(個人的な感想です)。

「オデッセイ」も「スティーブ・ジョブズ|」も1100円で映画館の大画面で見てきたばっかりだったということもあり(両方とも大満足でした)。

Lazer Team、続編製作の意欲もりもりなエンディングでしたが、はたして。

もともとはRooster TeethがIndiegogoのクラウドファンディングで製作した作品なので、低予算でもあるんだと思います。エンディングロールには支援者名がずーーーーーーと表示されてました。

日本にもサービスとしてのYouTube Redが上陸して、米国同様にGoogle Play Musicの加入者は自動的にYouTube Redもそのまま使えるのであれば、見てもいいかなぁ。

今のところAmazon Primeのオリジナルコンテンツの方が充実していますが、YouTube Redはまだ始まったばかりなので、今後に期待です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する