海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

あの人は今──ヴィク・ガンドトラさんがモバイル医療企業のCEOに就任

»

昨年4月にGoogleを退社したエンジニアリング担当副社長(当時)、ヴィク・ガンドトラさん。その後、Google+に世界旅行や愛犬との写真をときどきアップして、長めの休暇を楽しんでいるようでしたが、11月に新興企業のCEOに就任していました。24日が初出勤だったようです。

vic2015.jpg

ガンドトラさん、一時期はGoogle I/Oを取り仕切り、次期CEO候補の1人とも見られていましたが、Google+を盛り上げるという目標を達成できないまま(理由は告げずに)Googleを去りました。

起業するのかなぁと思っていたんですが、AliveCorという2010年創業のサンフランシスコに拠点を置く非公開企業にCEOとして迎えられました。従業員30人規模ですが、モバイル端末(AndroidおよびiOS)と接続して使えるモバイル心電図検査ガジェットのメーカーとして、既に米厚生省当局(FDA)の認可も受けています。

vic20152.jpg

この75ドルのガジェットを指先か胸に30秒当てるだけで正確な心電図がとれるんだそうです。アプリの機械学習アルゴリズムで、測定してすぐに異常がないかどうか"診断"できるというすぐれもの。vic20153.jpgGoogleを辞めるときにGoogle+の投稿で、妻の伯父さんが突然の事故で亡くなった話をしているので、命の尊さについていろいろ考えるところがあったのかもしれません。

今後の活躍を勝手ながら応援していきたいです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する