海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

FacebookがAI(人工知能)とAR(拡張現実)でやりたいこと

»

前回、Facebookの顔認識写真アルバム「Moments」について投稿したんですが、今回は、このアプリのキモである人工知能(AI)応用技術について、です。

このアプリには同社の誇る人工知能ラボが開発した「DeepFace」というほぼ人間レベルの顔認識技術が使われているんです。

才能の無駄遣いとも言うべき、すごく太っ腹なことだと思います。

もちろんマーク・ザッカーバーグCEOは、こんな無料アプリのために一流の人材を集めてラボを立ち上げたわけじゃありません。

Momentsをリリースした後、彼はAIラボのヤン・ルカン所長の動画を自身のFacebookで投稿しています(文末に転載しました)。下図はルカン教授の動画に出てくる、もののかたち認識システム「ImageNet Camera」がバナナをバナナとほぼ言い当てたシーンです。banana.jpg

この投稿の中でザックは、「想像してごらんよ。目が見えない人のためにスクリーンに表示されている言葉を認識して読み上げてくれるシステムを。自閉症の子どもが相手の表情から相手の感情を理解するのを手伝うシステム(自閉症の人は表情から人の感情を読み取るのが苦手とされています)を。ある言語で書かれた道路標識を簡単に他の言語に翻訳するシステムを。こうしたシステムはAIによる画像認識技術で実現できるんだ」と言ってます。

そのあたりが目的なんですね。そして、こうした技術を実用化するにはウェアラブルなツールも必要です。自閉症児のためのシステムなら、実際の相手の顔の横に「嬉しいみたいです」とかの説明を表示するか、音声で説明するかのヘッドマウントディスプレイが欲しいところ。

なので、Oculus VRの買収も、同じ目的なんじゃないかと思います。来年発売予定のOculus Riftは仮想現実(VR)HMDですが、そのうちAR HMDも出すんじゃないでしょうか。今は関係良好なMicrosoftのHoloLensとバッティングしますが。

One of the great scientific challenges of our time is understanding how the human mind works, and where intelligence comes from.Recently, we've made progress building systems that help advance our understanding -- through the field of artificial intelligence.With artificial intelligence, we have a chance to build a new generation of apps and services that are more natural, intuitive, and valuable.Today we launched a new app called Moments that helps you sync photos with your friends. Moments recognizes which of your friends are in the photos you take, and lets you share those photos with those people in one tap. If you use it, your friends will sync to you a lot of the photos of you they have hidden in their camera rolls.This is a simple example of AI at work. By building a system that learned to recognize people and objects in images, we could enable this new service.Now imagine a system that can identify words on a screen for a blind person and read them aloud, help an autistic child to decipher facial expressions, or identify street signs in one language and instantly translate them to another. Those are just a few more of the applications that image recognition technology driven by AI can already help us achieve.In the years ahead, artificial intelligence and image recognition have the chance to make the internet far more useful for everyone. You can learn more about how we're working to help build them in the video below.

Posted by Mark Zuckerberg on 2015年6月15日
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する