海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

Wiiに欲しい「鬼籍の広場」

»

CESのバルマーさんの基調講演、見ましたか? ニコニコ生放送だといろいろつっこみが入っていて面白かったですが、私はMicrosoftの公式サイトで見ておりました。仕事には関係ないんですが、Avatar Kinectが気持ち悪くて良かったですよ。下の画像のように、バルマーさんのアバター(本人よりだいぶスマートですが)がキーノートで本人と同じような身振りでしばらく話していました(ビデオの02:31:00当たりからです)。身振りだけでなく、口の形や眉毛の上げ下げまで反映されるんです。
Steve
なつかしのセカンドライフを自分の体全体を使って遊べそうです。これに慣れちゃうと、表情や身振りが大げさになるかも。

で、少し話が変わりますが、今年も恒例の新年実家めぐり(私の実家→だんなの実家)をやりました。私の母もだんなの父(義父)もまだ律儀にWiiで遊んでいて、義父は自立している3人の息子やその嫁(私のこと)のMii(Wiiのアバター)を作って「Wiiの間」に集めておりました。それはなかなかほほえましいものですが、問題は私の母の方で。

昨年2月に父が亡くなりまして、当然父のMiiは休眠状態。毎日母がWii Fit(snow113さんのご指摘(というかツイート)によりWii→Wii Fitに修正しました)を起動するたびに母のMiiの隣で父のMiiが寝ているわけです。さらに、「最近●●さんはどうしていますか?」とかWiiボードに聞かれるし。

結構父そっくりに作ってしまっただけに、削除する気にもなれず、複雑な心境です。任天堂にはユーザーが亡くなった場合の家族ケア対策を考えてもらいたいかも。例えば「鬼籍の広場」なんぞを作ってそこにMiiを移動できるようにするとか。広場を見に行くと、おじいちゃんやおばあちゃんが幸せそうに歓談しているわけです。誕生日や命日、お盆やお彼岸にWiiを立ち上げると遊びに来ている、とか(ちょっと怖いかな)。

【追記】ZenbackのTwitter一覧に載ったsnow113さんのツイートによると、Wii FitでMiiを削除してもMii自体がWiiから消えるわけではないとのこと。教えていただいて、ありがとうございます。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する