海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

ジョブズの激ヤセの原因は?

»

 WWDCでのスティーブ・ジョブズCEOが激ヤセだったため、ガンが再発したのではないかという憶測が流れていましたが、Apple広報が正式に否定したようです。

 Wall Street Journalのブログによれば、Apple広報はジョブズが「common bug」に感染したが、現在は快方に向かっていると説明。よくあるウイルス感染(流感?)だったようですね。抗生物質でなおったそうです。大事ではなかったようで、とりあえず一安心。

 Macテクノロジー研究所の松田さんは、ウイルス性の胃炎ではないかとの推理をしています。なるほど、それならあの痩せ方もわかりますね。

 奥さんがベジタリアンダイエットを強制したせいだとかいうデマもありましたが、よかったよかった。

 ああ、わしも激ヤセしたときは「ガンかと思った」と言われたものだと遠い目をしている松尾でした。

関連記事:
ジョブズ激痩せと銀河英雄伝説(webdog)

Comment(5)

コメント

酔風

気になっていましたが、大丈夫なんですね。
スティーブ・ジョブズの後継者を見つけるのは大変でしょうから心配していました。

koya

酔風さん、ほんとによかったです。個々の才能はジョブズが見つけているからいいとしても、「才能をみつける才能」は、なかなかみつかるものじゃないですよね。

Joy

ウィルスだったら抗生物質効かないような・・・

koya

抗生物質、最近の定義では抗ウイルス剤も含むようです。とはいってもcommon bugとしか言ってないので、実のところはわかりません……。

報道記者なら、もう少し正確にお願いします。あなたの記事が、ITmediaのニュースでウイルス感染が事実のように報道されていますよ!

コメントを投稿する