海外記事、ブログ、記事にならない情報について、ITmedia エンタープライズ海外記事担当から一言

「くさいスニーカー」コンテストの優勝者は13歳少女

»

 32回目という長い伝統を持つ米オドイーターの“National Odor-Eaters Rotten Sneaker Contest”、ようするに「腐ったような臭いのスニーカーコンテスト」が今年も開催されました。

 地方予選を勝ち抜いた中から選ばれた優勝者は13歳のキャサリン・タックさん。1年はき続けたスニーカーに、審査員は卒倒しそうになったとか。審査員には、NASAの「におい名人」ことジョージ・アルドリッチ氏などが参加。アルドリッチ氏はNASAの宇宙プロジェクトの化学専門家です。


Girl

 「庭仕事をしたり、スポーツしたり、遊んだりしていただけで、わたしのスニーカーは汚れて臭くなっていったの」とあっけらかんと説明するタックさん。「Golden Sneaker Award」のトロフィー、ニューヨークでライオンキングのミュージカルを観る招待旅行、そしてこのスニーカーの臭いを消し去るのに必要なオドイーターが授与されたそうです。あと、賞金2500ドルも。

 リンク先には、かわいそうな審査員がスニーカーの臭いをかがされるところが動画(WMVとReal)で掲載されています。

 こんなスニーカーでは、Nike+iPodも誤動作を起こしそうですね。

 以上、きょうはジムで走ろうかな、と思った松尾でした。

関連記事:
ITmedia News:Nike+iPodの連動キットが米国で発売
ITmedia +D LifeStyle:Nike+iPodで“ワークアウト”してみた
ITmedia News:「Nike+iPod」——NikeのスポーツウェアがiPodと連動

Comment(1)

コメント

すごいコンテストですね。初めて知りました。とても面白いですが、においが想像できません。

コメントを投稿する