開発ツールビジネスの再生に格闘。マーケティングの視点で解説

PHPでビジュアル開発 - つまりはマウス操作でWebアプリを開発

»

先日発表しましたDelphi 2007 for Win32とDelphi for PHPについて、追加の情報(Q&A)を掲載しました。米国は、すでに www.codegear.com を持っているので、こちらに情報を展開していますが、日本は、まだ www.borland.com/jp を使っています。こちらの身動きはあまり軽くないので、CDNに掲載です。

Delphi® 2007 for Win32 Enterprise / Professional に関するQ&A
http://dn.codegear.com/article/34084

Delphi® for PHPに関するQ&A
http://dn.codegear.com/article/34083

とりあえず基本情報は揃えましたが、まだ不足している情報も多いと思いますので、随時追加していきたいと思います。

さて、Delphi for PHPですが、早速、「どんな製品?」「面白い!」「万歳!」など、いろいろな反響をいただいています。しかし、Delphiというネーミングからか、PHPの従来の開発イメージからか、いまいちピンとこない、あるいは混乱されている、というケースもありましたので、若干まとめておきます。

まず、Delphi for PHPで使用する開発言語は、PHP 5です。Delphi for PHPは、PHP言語の開発環境です。プロジェクト管理、エディタ、デバッガが統合された統合環境です。これだけだと、普通のPHP開発ツールなのですが、VCL for PHPというコンポーネントライブラリとビジュアルデザイナが付いていて、「Delphiライク」に、コンポーネントをマウスでペタペタとフォームに貼り付け、プロパティとイベントを設定してプログラムを作成します。

ここまででなるほどと思われた方は、前回のエントリでも紹介しました、こちらのビデオをどうぞ。1分ちょっとですが、ペタペタやってPHPアプリケーションを作ります。

「Delphi」というワードとかかわるのは、この「Delphiライク」という点です。以下は、こうではありませんのリスト。

  • Delphi言語(Object Pascal)は使えません。
  • IDE(統合開発環境)はDelphiと同じではありません(似てはいます)。
  • Delphiの開発資産をPHPに持っていけたりできません(気持ちは分かります)。
  • PHPもどきではありません(100% Pure PHP、そんな言葉あるかな?)。
  • IDEは、Windowsのみで使えます(Delphiで書かれているそうで)。

逆にこれができますリスト。

  • コンポーネントはDelphiのカテゴリと限りなく同じで名前やアイコンも同じです(Delphi、C++Builderを使ったことがある方なら、直感で何か作れます)。
  • 作ったアプリケーションはWindows以外でも動きます。
  • コンポーネントはDelphiと同じように自作したり拡張できます。
  • データベースにもつながります。

なお今回は英語版だけなのですが、作成するものがWebアプリケーションなので、当然文字コードなどを設定して国際化アプリケーションを開発できます。今後、日本語版を含め、多国語版を提供していく考えですが、それまでは、CDNで日本語の補足ドキュメントの提供に努めたいと思います。

しかし、日米同時発表はやっぱしんどいです。本社もぎりぎりで準備しているので、そこから翻訳をおこすとどうしても深夜作業になってしまいます。英文原稿があがってくるのが日本時間の夕方だったりするので、向こうも深夜までがんばってるんですけどね。この辺の顛末はまたあらためて。明日はまたMIDIで遊んでみます。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する