翻訳・WEB・キャリアを極める?楽しく正しく新しい会社経営&オリンピックへの道?

日本で一番多い言語数:44か国語による多言語WEBサイトを構築しました!

»

タイトルの通り、44か国語による多言語WEBサイトを構築した。

アークコミュニケーションズでは、一部上場企業の多言語サイト調査レポートを発行している。今年度版によると一番多い言語はトヨタの40か国語だが、それより多い言語でサイトを作ってみようかなぁという遊び心がひとつ。
アークコミュニケーションズは40か国語以上の翻訳を手掛けているが、それらの翻訳を一同に見比べてみると、ちょっと爽快かなと思ったのがひとつ。

真面目な理由は・・・
外国語サイトの構築の経験の多い弊社だが、異なる言語のWEBサイト構築は、翻訳だけではなく、その言語特有のWEB制作のノウハウが必要だ。
それを言葉で説明するのはなかなか難しく、実際のサイトで見せたほうが早いこと。

例えば・・・一目瞭然なのは、アラビア語などの右から左へ文字が表記される場合のWEBサイトの見え方・作り方の違い。両言語に共通のデザインを意識した場合、配置がかわることを意識してデザインする必要がある。
英語:http://www.arc-c.jp/global/intro.en.html
アラビア語:http://www.arc-c.jp/global/intro.ar.html

例えば・・・タイ語のように句読点やスペースがない言葉は制作者泣かせだ。文の切れ目がわからないので、修正や同じ単語の使いまわしの際に間違いを起こしやすい。
タイ語:http://www.arc-c.jp/global/intro.th.html

色んな言語があるなぁ、と面白がって見ていただければ幸いです。
http://www.arc-c.jp/global/

次エントリーは、全く読めないアラビア語でなぜか私が不備を見つけちゃった内輪話を。

◆広がるビジネス、深めるコミュニケーション◆
グローバルにローカルに。思いと本質を伝えるアークコミュニケーションズのサ―ビスはこちら

Comment(2)

コメント

Topbay

世界で1番多くの言語をサポートしているサイトを探してたどり着きました。
最も多いのは http://jw.org の691言語サポート。それも数ページではなく各言語、数千ページある。
本気を感じました。

いも

↑今みたらjw.org、906でしたよ。

もう凄すぎ。

コメントを投稿する