IT技術についてのトレンドや、ベンダーの戦略についての考察などを書いていきます。

UIは変えちゃいかん! Microsoft の UI/UX 音痴について

»

今日はちょっと怒っています。Microsoftがまたやってくれたからです。先日のエントリの最後に書いた、MicrosoftのUI/UX音痴について。

4月にWindows10の大型アップデート(Creators Update)が公開されました。で、いつものことが起こったのです。

Windows 10 Creators Update後のコントロールパネルの位置

メニューの構成が変わり、コントロールパネルが見つからなくなったのです。それまでは、Windowsメニューを右クリックして出るメニューの中にコントロールパネルがあったはずなんですが、最近無いなー、と思って調べたところ、この記事を発見したわけです。無くなっては居ませんでしたが、ものすごく見つけづらいところに移動させられていました。今、コントロールパネルの機能は「Windows設定」に引き継がれているようで、そちらのほうがデザインも最新で、それを使え、ということなのでしょうが、目指す機能がどこにグルーピングされているかがわかりにくいので、どうしても古いコントロールパネルの方が便利なのです。

remotecontroler_rimokon.png

「変わらないUI」の価値をわかっていないMicrosoft

今回の件に限らず、Microsoftって、アップデートの度にちまちまとメニュー構造や並びを変えるんですよね。アクセサリや設定ツールなどが多いんですが、これ、本当に謎です。何のためにやっているんでしょうか? コントロールパネルなんて、毎日使うもんじゃ無いですが、たまに使いたくなる(使わなければならなくなる)もので、そういう時って、だいたい何かトラブルがあったときです。そんなときに「あれ? 前はここにあったのに?」といって探し回るのがどれだけストレスか、全くわかっていないんでしょう。新規ユーザーはなんだって良いでしょうが、既存ユーザーのほとんどは、こんなところの変更なんか望んでいない筈です。

個人的に影響が大きかったのが、便利に使っていたランチャー(Quick Launch)がアップデート後に突如消え失せたこと。これも探して復活させましたが、挙動が前と微妙に違うんですよね。まあ、消え失せても、探せばあるというのはありがたいことではありますが、それなら元のまま置いておけよ、と思うわけです。(互換性の問題とかあるのかもしれませんが)「ブリーフケース」なんてのも無くなっちゃいましたね。これは使ってなかったんで個人的には困ってないですが、使ってた人は困ったでしょうね。

既存ユーザーを激怒させたOfficeのリボン

細かい変更は本当に毎回のようにあるんですが、大きいのも何回かありました。古くは、Officeのメニューがリボンに変わったときも大変でしたね。Office2007でメニューが一新され、それまでのユーザーはどこに何があるのか、まったく(いや、大げさでは無く、本当にまったく)わからなくなりました。最悪だったのが、「印刷」がどこにあるのか、皆目わからなかったこと。結局、リボンの左端の丸井メニューの中で見つけるわけですが、「この丸いのもメニューかよ!」と言って怒っていた人を何人も知っています。当時はこんなソフトまでありました。

Office 2007~2013のメニューを、使い慣れたOffice 2003風にする方法

と思ったら、未だにあるんですね。

クラシックスタイルメニュー for Office 2016

気持ちはわかります。私はなんだかんだ言いながらリボンになれてしまいました(でも、未だに「あれはどこだ?」と探すことはあります)が、ユーザーに負担を強いるアップデートって何だよ、と毎回思います。

Windows8の責任者はリリース直後に退社

後、記憶に新しいのがWindows8。タッチパネルに最適化したメトロインターフェースを全面的に採用し、旧メニューも残したものの、「スタート」メニューが無くなったために大騒ぎになりました。これも、残しときゃいいのに、なんでわざわざ無くしたのか? 本当に理解不能です。(後で「しぶしぶ」という感じで復活させ、Windows10では完全に元に戻りました)

実はOfficeのリボンとWindows8の開発責任者は同じ人なんです。スティーブン・シノフスキー氏といって、末はMicrosoftのCEOか、と言われていた人なんですが、Windows8リリースの直後に退社したのです。

Windows 8総責任者が辞任。マイクロソフトに今、何が起きているのか

退社の本当の理由はわかりませんが、私としては、プレビュー版の時点からスタートメニューについて大騒ぎになっていたにも関わらず、そのままリリースを敢行したことも要因のひとつではないかと勘ぐっています。しかしまあ、かなり変わり者だったことは確かなようです。ジョブズに例えられたり、今ならベゾスあたりですかね。

マイクロソフトの「次期CEO」、退社じゃなくクビだった

こういう人って、やはり信念があるんでしょうから、「最初は多少不評かも知れないが、未来の使い勝手を考えると、今この変更を行っておくべきだ。」くらいの想いでいたのかも知れません。Officeのリボンも、大多数の人は結局は受け入れざるを得なかったわけですから。(未だにこれが使いやすいとは思えませんが)

しかし、この人が居なくなっても(そして居るときも来る前も)ちょこちょことした変更を繰り返しているわけですから、これはもう、MicrosoftのDNAとして、UI/UXに対する考え方が全く間違っていると考えざるを得ません。この辺の感度の悪さ/センスの無さが、スマホでWindowsが未だに受け入れられない要因なんじゃ無いか、とも思います。企業ユーザーは多少の不便さは我慢しますが、個人が自腹を切る場合には、こういうところは大事でしょうから。

Apple偉い!

対称的なのが、そう、Appleです。Mac OSのメニューはOS Xになった2001年移行変わっていません。というか、アップルマークの隣にファインダがあって、ファイル、編集と続くメニューの並びとか構成としてはその前のMac OSから変わっていないのではないでしょうか。(よく覚えてないんで絶対とは言えませんが、多少違うとしてもそれに気づいていないということは、上手に変えているんでしょう)アイコンが立体的になったり、ランチャーが追加されたりして見た目は結構変わっていますが、使い方で迷うことはありませんし、UI/UX的には本当に同じです。絶対に変えない、変えるとしても慎重すぎるくらい慎重に、と、これはもう、哲学と言って良いし、信念なのでしょう。私はこの姿勢を絶対に評価します。iPhoneにしても、初代と今とでほとんど同じです。アイコンがフラットになりましたが、使っている分には「そうだっけ?」くらいの違いでしかありません。

ただ公平を期すと、Macは、UIは変えないですが、付属させるソフトとかツールは結構無くなったり変わったります。代替ソフトがある場合が多いですが。MicrosoftはUIから見えなくなるけど、探すとちゃんと残っている、ということが多いように思います。やはりソフトそのものには拘りがあるんでしょうか。最近もPaintが無くなるとか騒がれましたが、結局無くなりはしないようです。Mac Paintなんかもう、跡形も無いですもんね。

UIについて私がよく使う例え話に、「テレビのリモコンで、数字の配列がメーカー毎に(あるいは発売のタイミング毎に)違ってたら、怒るでしょ?」というのがあります。新しい機能が追加されたりすると、リモコンのボタンが増えたりして、それをどう収めるかが腕の見せ所なわけですが、Microsoftがやっているのは、変えなくても良い(変えてはいけない)数字の配列をちびちび変えているようなものだと思うのです。皆さんはどう思われますか?

Comment(2)

コメント

jecht

おっしゃる通りですね。

Appleには「稀代の目利き」スティーブ・ジョブスがおり、機能を実装するだけでなく「どのように操作するのか?その結果どう振る舞うべきか?」まで鋭く目を光らせていたので、そのような文化が根付いているのでしょう。

対してMicrosoftはそこまでの深い考えは無く「まずは実装し、問題があれば調整すればよい」という姿勢なのでしょう。「UIとはかくあるべし」という思想はMicrosoftにはないと思います。
そのおかげで「マウス右クリックでのコンテキストメニュー」と「ホイールによるスクロール」という今では当たり前のUIもできたわけですが...
全体を見渡して整合性のとれたグランドデザインは苦手のようですね。

匿名

windows3.1のインタフェースのままがいいっていう話でしょうか。
時代と共に変わりゆくのは、摂理だと思います。

コメントを投稿する