IT技術についてのトレンドや、ベンダーの戦略についての考察などを書いていきます。

Apple Watchの売上が90%減少!?

»

先週、Apple Watchの売上が急減速しているという記事がいくつか出て、あちこちで話題になっています。

Apple Watch sales plunge 90%

It looks like Apple Watch sales are tanking

数字は微妙に違いますが、どちらの記事も、発売日には1日で3万5千本売れたApple Watchが今では1日5千本も売れていない、ということのようです。

これらの記事を受けて、「やっぱりねえ」とか、「いやいや、まだこれからでしょ」とか、いろいろな反応が出ています。

私自身の感想は、

Apple Watchを2週間使ってみて

の記事からあまり変わっていないです。ポテンシャルは感じるが、まだ時間がかかるかな、という感じ。もうすぐ発売から3ヶ月ですが、思ったほどアプリが増えてきていないんですね。新しいカテゴリの製品ですから、これまでのアプリの延長線上では駄目なのだろうと思います。Apple Watchならでは、という使い方が出てくるまでにはもう少しかかるのかも知れません。

Web上のいろいろな意見を読んでいると、「Apple Watchを実際に使った上で書いている人」と「買ってないけど人の言ったことをベースに考えて書いている人」の2種類の人がいることが分かります。(まあ、あたりまえですが) 私はたまたま仕事上の必要もあって持っているだけなので、「持ってないくせに言うな」とは言いませんが、その人の意見を参考にするかどうかを考えるときに、自分で使った上での意見かどうかと言うのは、非常に重要なファクターだと思います。なんでもそうですけど、実際に使ってみてわかることってありますし、そこで何を感じるかという感性を磨く事って、業界全体のトレンドを見ていく上でも重要なのではないかと思うのです。できれば自分で使ってみる、無理であれば、使ってみた人の感想を読む。念のため持っていない人の意見も聞く、というのが良いアプローチかと。もちろん、使って無くても、様々な情報をうまくまとめている記事には価値がありますし、持っていてもどうもピントがずれている意見もありますが。。

こういう話になると思い出すのが、iPhoneやiPadの発売時です。iPhoneって、発売当時「日本ではこんなもの売れない」って言う人がたくさんいました。今では信じられませんが、検索してみるといろいろ出てきます。iPadが発表されたときも、「ただのでかいiPhoneじゃねーか」という意見がありました。(iPadについては、私もそう思ってました。すみません。) 同じ轍を踏まないよう、もう少し長い目で見る必要はあるのでしょう。

ということで、私としては、Appleが仕込んだ様々な仕掛け (本当、いろいろ考えられてると思います) をアプリ開発者のみなさんがうまく活用して、目から鱗のキラーアプリが出てくると信じて、今日もApple Watchつけて出社しようと思います。

<2015.7.22 追記>

こんな記事が出ていました。気に入ってるけど、人には(まだ)薦められない、って感じでしょうか。

Early Adopters Love Apple Watch But Wouldn't Recommend It To Friends

新刊「【図解】コレ一枚でわかる最新 IT トレンド」

150119book.pngネットコマースさんと共同開催している「IT ソリューション塾」でお話ししている内容を再構成し、IT の最新のトレンドをわかりやすく解説した本を出版しました。是非、お手にとって内容をご確認下さい。

ネッ トや雑誌には、最新の IT キーワードが溢れています。しかし、多くの場合、これらのキーワードは単独で解説されており、他のキーワードとの関連や、そのキーワードの持つ歴史までは 解説されていません。しかし、新しい技術やサービスには、必ずそれが出現するに至った歴史、必要とされた背景、他の技術との関連があります。それらを理解 せずに、単にネットの説明を丸暗記しても、他の分野への応用や他の技術と組み合わせた際の可能性について考えを広げることはできないのではないでしょう か。

本書は、約100枚のわかりやすい図表と平易な解説で、最新 IT の歴史・トレンドをわかりやすく解説します。さらに、本書に掲載されている全ての図表は、ロイヤリティ・フリーのパワーポイントでダウンロードできます。 ご自身の勉強のため、提案書や勉強会の素材として、ご活用下さい。

150119book2.png

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する