あれこれ考えるよりも作ってしまった方が早いんじゃね?と思う、ギークなサラリーマンのアジャイルな日々。

Startup Weekend Tokyo(スタートアップ ウィークエンド 東京) 2012

»

恵比寿にあるデジタルガレージ(Open Network Labo)さんで開催中のStartup Weekend Tokyo 2012 (スタートアップ ウィークエンド 東京)に参加している。

日本人だけでなく、外国人のStartUpの方も多く参加している大変刺激的な会だ。
様々なキャリアを持つ人が、ピッチという1分間のプレゼンで自分のビジネスモデルをプレゼンテーションし、それを会場の人が投票する。

その後、優秀なアイデアに対してチームビルディングを行い、週末の54時間を使ってそのビジネスを作り上げていくというイベントだ。

まだ会場にいるので詳しい内容はまた別にリポートしたい。


5/12追記

昨日のイベントで印象的だったのが、本番のピッチの予行演習的なアイスブレイクだ。
俗にいうエレベーターピッチというのは、例えば投資家などに自分に投資してもらうために、エレベーターに乗っている時間のようなとても短い時間の中で説得するプレゼンの(技術の)ことだ。

今回のイベントのブログ「俺の興味をひきつけられるのはお前の解決案じゃない!」にも、書いてあるが、このエレベーターピッチというのはとても難しい。今回、事前にピッチでやってはいけないこと、やらなくてはいけないこと、標準的な構成、そして予行演習のアイスブレイクまで行っても、本番で理想的なピッチが出来た人は私を含めて少ないのではないだろうか。

それはともかくとして、とても面白かったアイスブレイクなので、そのやり方を紹介しておく。

  1. 会場の参加者から、好きなキーワードを数十(今回は20)集める。
  2. 参加者をチームに分ける(今回は10)。
  3. 分けたチーム毎に1で出たキーワードの中から好きなワードを2つ選ぶ。
  4. 各チーム毎に選んだキーワードを組み合わせたドメインのサービスを10分で考える。
    ※今回、我々の選んだワードは「女医」「キング」の2ワード、つまり、「女医キング.com」のビジネスモデルを考えるということだ!
  5. 考えたサービス、ビジネスモデルを、ピッチ(今回は1分間)で紹介する!

与えられた制約条件(二つのキーワード、ネットサービス)の中で、解決すべき課題、ユーザーニーズ、それに対するソリューション、ビジネスモデルをアドホックなチームでかつとても短い時間で考えるという、難易度の高いゲームだが、今回の参加者はそのゲームを楽しみ、短い時間ながら、とても面白いサービスアイデアとピッチが多く生まれた。

ちなみに、私たちのチームが考えだしたアイデアは以下のようなものだ。

健康でも病院に行きたくなるサイト「女医キング.com」
~君も女医キングを目指して病院に行こう!~

せっかくなので、勝手に30分程度で「女医キング.com」のティザーサイトを作ってみた。
面白い!と思った方はぜひ、サイト下部の「いいね!」ボタンを押してもらいたい。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する