IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

「WordPressの実行環境においてKUSANAGIを使用しない理由がなくなった件」

»

私のOSS千里眼最新号がデジタル・ヒュージ・テクノロジーで公開されました。

興味がある方はご覧ください。

###
全世界の1/3のWebサイトがWordPressで稼働するようになり、CMSの60%がWordPressになりました。
WordPressがここまで普及する背景には以下があると考えています。

・コンテンツ管理が楽だから
・デザイン性が高いから
・プラグインやテーマが数万単位で存在しており、カスタマイズをしなくても奇麗なサイトを作れるから
・ほかのCMSの開発力が低下し、最新のGoogleSEO対応や最新のOSへの対応、バグフィックスへの対応に遅れが出てきているため
・ほかのCMSのシェアが急激に低下し、周辺のプラグインの開発も停滞し、更新がされなくなったり、脆弱性が放置されるケースが散見されるようになってきたため

しかしながら、このWordPressにも他のCMS同様に弱点があります。他のCMSもそうですが、使いこなしてコンテンツ量が多くなればなるほど、表示速度が低下したり、管理画面が重くなるのです。この状況から脱出するための方法として、よく以下の案がとられてきましたが、効果はありませんでした。

・表示速度はある程度、キャッシュやクラウドスペックの向上で対応できる場合もあるが、管理画面はどうにも軽くならないため、更新作業が億劫になる。
・WordPressのチューニングを専門家に依頼する方法もあるが、専門家の力量に依存し、高額なうえに、成功しない場合もある。

このような状況を打開するために生まれたのが「KUSANAGI」です。

(この続きは以下をご覧ください)
https://kusanagi.dht-jpn.co.jp/2019/01/kusanagi20190104/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する