IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

ダイバーシティな小規模チームがDevOpsの成功の鍵を握っている理由とは

»

私が鈴与シンワートで野田貴子のOpenStackコラム「編集支援しているダイバーシティな小規模チームがDevOpsの成功の鍵を握っている理由とは」が公開されました。

今回は、PuppetのAlberta Bosco氏は、同じ背景を持つメンバーから成るチームの場合、古い問題に対する新しいソリューションを創造することは難しいと述べています。

興味がある方はご覧ください。海外動向を理解する上での参考になれば幸いです。

###

DevOpsの形でソフトウェア開発と運用を統合することは、革新への道であるとよく考えられています。しかし、チームの全員が同じ観点からソフトウェア構築のタスクを見ていると、尖鋭的ではなく、型にはまった結果となる可能性があります。

「DevOpsは実験的なアプローチに基づいています。つまり、新しいアイデアを思いついたり、新しいアイデアを試してみたりするものだということです。」と、Puppetの上級プロダクトマーケティングマネージャーであるAlberta Bosco氏が語りました。「古い問題に対する新しいソリューションを創造することは困難です。同じ背景や同じ人生経験を持つメンバーから成るチームの場合は特にそうです。」Bosco氏はPuppetによる「ダイバーシティを通じた機敏性」の2番目のエピソードのインタビューで上記のように答えました。このインタビューでは、この課題の重要性と、現状を変えていく方法を探求しています。

(この続きは以下をご覧ください)
https://s-port.shinwart.com/tech-column/openstack22/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する