IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

RubyビギナーのためのStep upコラム > 第5回 RubyとPythonの文法や環境を比較してみる

»

私が編集支援しているCTC教育サービスのコラム「RubyビギナーのためのStep upコラム」第5回「RubyとPythonの文法や環境を比較してみる 」が公開されました。

###

みなさん、こんにちは。
Rubyistの皆さんは当然ながら、日々、Rubyを使われていることかと思います。別に、ほかの言語のことなんて気にならないよ、という方も多いかもしれませんが、でもやっぱりRubyをウォッチしていると、どうしても気になってしまうのが、Pythonではないでしょうか?

PythonはRubyと同じく、スクリプト言語であり、オブジェクト指向言語であり、オープンソースでもあります。Ruby言語自体の歴史は20年以上と意外と古いのですが、Rubyが全世界的にブームとなったのは2005年にバージョン1がリリースされたRuby on Railsという、当時ホットなアーキテクチャだったサーバサイドのWebアプリケーションの生産性を劇的に向上するフレームワークがきっかけでした。それを契機として、その後の新しい技術の流れを次々に取り込んでメジャーになっていったわけですが、Pythonもやはり同じく昨今のAIブームに乗って、一気に注目を浴びる言語となりました。最新の技術やアーキテクチャにフィットしてスターダムにのし上がるというストーリーに親和性を感じる人も多いのではないでしょうか?

この続きは以下をご覧ください
https://www.school.ctc-g.co.jp/columns/nakagoshi/nakagoshi05.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する