IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

Rubyが3倍高速化するという話を聞いて、ガンダム世代の私としては「3倍速い」だけでグッとくるものがあり、Rubyも赤い彗星シャアも同じ「赤」つながりだから3倍なのかとか変な妄想をした件

»

さて、上記のような私のコラムがRuby開発に強いトランスネットで公開されました。
興味がある方はご覧ください。
###
さて、昨年12月にRuby 2.5がリリースされ、従来より3倍速いという謳い文句で注目を集めました。

ガンダム世代の私としては「3倍速い」だけでグッとくるものがあり、Rubyも赤い彗星シャアも同じ「赤」つながりだから3倍なのかとか変な妄想をしたりしてました。

実際は関係がなく、ブロックパラメーターを使って他のメソッドにブロックを渡す際に3倍速くなるということだそうです。

さて、Ruby3.0は2020年にリリースされることが計画されており、主な目玉は以下です。

・型
・パフォーマンス
・並列処理

私はマーケッターなので、特にパフォーマンスに注目してしまいます。

ここ最近、Googleからもパフォーマンスに関するアナウンスがされており、Web担当者からするとかなり重要な要素になっています。

具体的にお伝えすると、GoogleからWebサイトのパフォーマンスを検索順位の重要な決定要素にすると言うものです。以前からGoogleからアナウンスがあったのですが、今回はいよいよ正式にきたか!という感じでした。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.transnet.ne.jp/2018/02/20/colys/

Comment(0)