IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

働き方改革は労働の自由化であるべき 今こそ全面年俸制の導入に踏み切るべき

»

最近の働き方改革のニュースを見ていると、単純な労働時間の減少につながっていないかと思う。

働き改革は労働成果の拡大が前提になっているべきなのですが、全企業共通のわかりやすい基準が労働時間なので、実際に労働時間の話が目立ってしまっているような気がする。

基準とするべきは労働時間と賃金の両方であり、この両方が好転して初めて働き改革は成功するはず。

せっかく、ITがあるのだから、その人の働きやすい環境で、パフォーマンスを最大限に出せる環境を用意するのが良いはず。

家で働いたほうがいい人

喫茶店が良い人

オフィスがいい人

長時間労働がいい人

短時間がいい人

様々です。

会社としては成果を出してもらえればいいので、長時間労働するのが好きな人はさせればいいのです。そういう意味では個人の責任で労働を最大化する労働の自由化がテーマであるべきかも。

あと、労働時間の短縮と成果の向上の両方を実現するには給与体系の改定が良く、残業代の支払いをなくすのが特効薬。残業代があるからだらだらと働く人がでてきます。年俸制になれば、だらだら働かなくなります。さらに年俸制になれば年功序列な給与もなくなります。年齢に関係なく、成果を出す人に給与が支払われる適切な給与体系になりますよね。終身雇用はすでに崩壊しているので、長く務めたから給与が上がる仕組みもなくすべき。

こう書くと、成果につながらない重要な仕事もあるとか、昭和的な発想だとかいろいろな意見も出てきそうですけど、安定した職の聖域がどんどんなくなっていくので、そういう方向になると思っています。

実力があり働く気がある人がお金をもらえる環境になりますよね。

日本の将来は誰もが安定した高成長を得られる国ではなく、実力があり働く気がある人が成功する平等な国になっていくので、それはそれでいいかと。

さて、私は私の将来のために頑張ります!

追伸:こんな文章を書く、私はどんな生活をしているかと言うと、、、以下のFacebookアカウントを見てください。

https://www.facebook.com/tadashi.yoshimasa

※面識のない人からのお友達申請は原則NGです。お友達申請されるときはメッセージもお願いします。わりと情報公開しているので、フォローするだけで結構見えます。

Facebookアカウント+とるに足らない情報を以下のTwitterアカウントで垂れ流しています。宜しければFollow下さい。

https://twitter.com/_yoshimasa

また私の近況は「吉政忠志」で検索されると大よそみえてきます。

Comment(0)