IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

DockerでRails環境を作ってみよう

»

私が編集支援している中越智哉氏のコラム「DockerでRails環境を作ってみよう」が、Ruby開発に強いトランスネットで公開されました。

今回も力作です。興味がある方はご覧ください。

###
何回か前のコラムで、「Bash on Ubuntu on WindowsでRailsを動かしてみよう」という記事を書きました。Bash on Ubuntu on Windowsを使うには、Windows Insider Programに登録してWindows Insiderビルドを入れなければいけないので、もちろん私もこれを適用していたわけですが、ある時のアップデートから、マシンが極端に不安定になってしまい、10分も使うとブルースクリーン(Insiderビルドの場合は緑の画面になるのでグリーンスクリーンでしょうか笑)で再起動する状態になってしまいました。

前回の記事でも、自分で「Windows Insiderビルド(言葉の響きはカッコいいですが、いわゆる開発者向けの早期提供版、ベータ版的なものです)をインストールしなければいけないため、正式版ではないことによる不具合がもし何かあったとしても、その対応がやや面倒になる可能性があります。安定性が求められるような環境にはWindows Insiderビルドはやや入れにくいかもしれません。」と書いていたわけですが、まさにミイラ取りがミイラといいますかなんといいますか・・・。そんなわけで、Windows Insiderビルドはいったん中止して、クリーンインストールで通常のビルドに戻しました(実はこの前にも一度再インストールをしていたため、Microsoft Officeのライセンス認証回数が上限になって、電話認証をさせられる羽目になりました・・・)。

そんなわけで、Railsを使うための別の環境を用意しなければなりません。もちろん、Indiderビルドでなくても、Bash on Ubuntu on Windowsを使うこともできるのですが、せっかくですから、他の方法を試してみたいと思います。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.transnet.ne.jp/2017/12/26/docker_rails_colnk/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する