IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

約7割がアジャイル開発採用へ

»

私のRails市場コラム「いよいよアジャイル開発が本格浸透へ 約7割がアジャイル開発採用へ」がトランスネットで公開されました。
興味がある方はどうぞ。
###
先日、「いよいよアジャイル開発が本格浸透へ 約7割がアジャイル開発採用へ」というニュースが目に飛び込んできました。

ちなみに私はアジャイル開発信者ではないため、全てのシステム開発をアジャイル開発で行うべきとはおもっていません。適所適材で様々な開発手法で臨めばよいと思います。ただ、多くのシステム開発はアジャイル開発で対応できますし、そして、そのメリットは大きいと思います。

アジャイル開発のメリットを簡単に説明すると以下のような内容だと思います。

アジャイル開発のメリット 一例
・短納期で開発できる
・開発コストの適正化が期待できる
・プロジェクトの柔軟性の高さ(要件変更への対応の強さ)
・お客様要件から成果物のブレが少ない

このようにメリットがあるのは、アジャイル開発がお客様とコミュニケーション頻度を上げ、開発しながら確認していくスタイルだからです。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.transnet.ne.jp/2017/10/18/colys%e3%81%84%e3%82%88%e3%81%84%e3%82%88%e3%82%a2%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%a4%e3%83%ab%e9%96%8b%e7%99%ba%e3%81%8c%e6%9c%ac%e6%a0%bc%e6%b5%b8%e9%80%8f%e3%81%b8%e3%80%80/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する