IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

ヤマハコラム「 Luaスクリプトで運用を簡略化しよう! - 第2回 常駐スクリプト入門」

»

私がSCSKで編集支援している津村彰氏によるコラム:ヤマハで社内LANを構築・運用してみよう!の第12回が公開されました。

「 Luaスクリプトで運用を簡略化しよう! - 第2回 常駐スクリプト入門」

興味がある方はお読みください!

###
ヤマハ ルーターによるLuaスクリプト入門では、3回に分け、最終的にヤマハ ルーターからヤマハ スイッチ(SWX2200シリーズ)をスクリプトによりコントロールする事を目標に、Luaスクリプト実行機能を掘り下げてみたいと思います。

2回目は「常駐プログラム」です。一般的なプログラムでは必ず終わりがあり、言語によりガベージコレクション(メモリの開放)などの処理が行われて終了しますが、常駐型プログラムの場合は基本的に無限ループであり、電源断やプログラムの強制終了が無い限り終了する事はありません。故に、OSやCPUへの負荷、およびメモリの使用量などを考えながら実装を進める必要があります。

今回はかんたんなサンプルスクリプトをベースに、ヤマハ ルーターの動作原理を学びながらLuaスクリプトによる常駐プログラムを作成してみたいと思います。

(この続きは以下をご覧ください)
https://www.scsk.jp/product/common/yamaha/special/column_12.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する