IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

【市場データ】CMSシェア・ランキング(上位87CMS)伸び続けるWordPress。MovableTypeなど有償CMSのシェアは0.1%以下に

»

W3techsでは、ほぼ毎月CMSのシェアや分析結果を公開しています。

以下の表は2017年4月4日時点のものです。

ソースは以下です。

https://w3techs.com/technologies/overview/content_management/all

キャプチャしたものを公開しますが、実際のWebページのCMS名をクリックすると最近のシェア増減も見えます。

簡単に説明すると、以下が言えます。

1.WordPressの一人勝ち
2.伸びているのはWordPress、Joomla、Drupalの3つのOSS CMSのみで、MovableTypeのような数年前トップシェアだった有償CMSはほぼシェアが0.1%以下に陥っています。(これはOSS CMSの性能、品質、機能の面、対応できる技術者の数など、全ての面で圧倒した結果、有償CMSのシェアがほぼなくなってしまった状態です) この市場データは世界シェアですが、国内シェアですと、WordPressのシェアがさらに伸び、Drupalが2位、Joomlaが3位になります。
3.PHPスクラッチによるサイトが全Webの半分を占めるも、WordPressの大規模サイトへの適用範囲の拡大により、WordPressがさらに伸び、PHPスクラッチのシェアが落ちています。、

主要CMSのこの1年のシェアの推移位は下段の表をご覧ください。

◆主要CMSシェアトップ87のシェア

名称未設定-3.pngのサムネイル画像

◆主要CMSのおの1年間のシェア推移

名称未設定-4.gif

※引用元:https://w3techs.com/technologies/history_overview/content_management/all

この表を見ると、市場に存在しているのはPHPスクラッチとWordPressに見えてしまいますね。この1年でPHPスクラッチはシェアを2.8%落としWordPressが1.5%伸ばしました。 ちなみに、CMSのトップ層は全てPHPベースなので、PHPベースのWebサイトのシェアだと、82.6%になり、今も増え続けています。PHPのシェア増加の背景は、OSS-CMSの対等と、PHP7、HHVM、KUSANAGIなどの高速化による大規模サイトのシェア増加に起因しています。

追伸:こんな文章を書く、私はどんな生活をしているかと言うと、、、以下のFacebookアカウントを見てください。

https://www.facebook.com/tadashi.yoshimasa

※面識のない人からのお友達申請は原則NGです。お友達申請されるときはメッセージもお願いします。わりと情報公開しているので、フォローするだけで結構見えます。

Facebookアカウント+とるに足らない情報を以下のTwitterアカウントで垂れ流しています。宜しければFollow下さい。

https://twitter.com/_yoshimasa

Comment(0)