IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

Google Summer of Code 2015のRailsプロジェクトに8名の学生

»

私がCTC教育サービスで編集支援しているコラム「Google Summer of Code 2015のRailsプロジェクトに8名の学生 (野田貴子) 」が公開されました。

Rails海外情報を追いかけている人はどうぞ!


###
 Railsチームからの報告(*1)によると、今年のGoogle Summer of Code(GSoC)にて、Ruby on Railsのプロジェクトに8名の学生が選ばれたようです。

 今年で第11回を迎えるGoogle Summer of Code(GSoC)ですが、これはGoogleが指定したオープンソースのプロジェクトに対し、その年の夏の間に課題をクリアした数100人の学生が賞金をもらえる制度です。毎年2月頃、まず対象となるオープンソース(Railsなど)が募集されます。そして3月には学生の申し込みを受け付けます。4月は学生が対象のオープンソースの団体に慣れるための期間で、5月の終わりになると実際のコーディングが始まり、8月末まで続きます。各プロジェクトには、対象となるオープンソースの団体から選ばれた指導者が付きます。

 グローバルなプログラムなので、世界中に参加者がいます。以下は国ごとの参加学生数について公式発表された数字です。2015年は1,051名の学生が選ばれました。

(この続きは以下をご覧ください)
http://www.school.ctc-g.co.jp/ruby/columns/trans/trans07.html

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する