IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

ついに、平成29年4月1日から消費税の軽減税率が導入されます。

»

私が鈴与シンワートで編集支援している人気税理士の原尚美先生によるコラム「会計イノベーション 」の第014回「消費税の軽減税率が導入されます!」が公開されました。

原先生のコラムは分かりやすくて定評があります。興味がある方は是非!

###
ついに、平成29年4月1日から消費税の軽減税率が導入されます。

 消費税の軽減税率は、消費税のもつ逆進性を考慮したものです。高所得者も、低所得者も、生活必需品にかけるお金は変わらないのだから、収入に占める消費税の負担割合は、低所得者ほど高くなるだろうという考え方です。
 そこでせめて、生活必需品には軽減税率を適用しましょうというわけで、食料品と新聞(週2回以上、定期的に発行されるものに限る)が、その対象に選ばれました。
 しかし、一口に食料品といっても、お米やみそなど普段の食卓になくてはならないものから、10万円のワインや1万円の高級牛肉まで、その種類は様々。いや、お米だけみても、スーパーの特売で売っている10キロ2000円程度のものから、20万円近くのブランド米まで、そのランクは千差万別です。
 高所得者が、購入する高級食材にまで、同じように軽減税率が適用されるのは、本末転倒、軽減税率が導入されると、さらに不公平感が助長されるという意見もありました。
 しかし、食品のうちどれかを8%にして、別の食品を10%にするという区分は、政治的な駆け引きが働いて、収拾がつかなくなること、さらに課税現場の混乱を考えて、食料品全部に軽減税率8%が適用されることになったようです。

(この続きは以下をご覧ください)
http://www.shinwart.co.jp/tech-column/column06/014/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する