IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

「一億総活躍社会―企業における影響は?」

»

私が鈴与シンワートで編集支援している人気社労士 溝口知実先生のコラムが公開されています。

「一億総活躍社会―企業における影響は?」

こんにちは。特定社会保険労務士の溝口知実です。11月26日、安倍政権が掲げる一億総活躍社会実現に向けた国民会議は、「一億総活躍社会の実現に向けて緊急に実施すべき対策- 成長と分配の好循環の形成に向けて-」をとりまとめました。今回は、その中で、今後企業に期待される人事労務施策に関わる部分を取り上げてみました。

安倍内閣は新たな「三本の矢」の政策で全ての人が活躍できる「一億総活躍社会」を目指すと表明しました。第一の矢「希望を生み出す強い経済」、第二の矢「夢をつむぐ子育て支援」、第三の矢「安心につなぐ社会保障」を新たな三本の矢とし、それぞれ「名目GDP600兆円」、「希望出生率1.8」、「介護離職ゼロ」という目標を掲げています。
以下、目標達成のための「緊急に実施すべき課題」から、企業の人事労務管理に関連する事項を抽出しました。

(この続きは以下をご覧ください)
http://www.shinwart.co.jp/tech-column/column08/014/

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する