IT業界でベンチャービジネスの支援をしている執筆者が日々の活動ログと感じたことを、徒然なるままに書き綴っていきます。

「させていただきます」の間違いだらけの使い方

»

皆さん、

おはようございます。吉政でございます。

現在、メールマガジンを15本近く担当していることもあり、自分の文章の書き方で勉強になることが多いです。

今日はその中でも特に、「へぇ」というかほとんどの人も間違っているのでは??と思えることがあったのでご紹介したいと思います。

「させていただきます」のよくある使用例

「送付させていただきます。」
「退職させていただきます。」
「提案させていただきます。」
「同行させていただきます。」

などなど、名詞に「させていただきます」をつなげれば、汎用的に使える敬語として結構便利なものと思っていましたが、実はこの「させていただきます」というのは上から目線の言葉だったようです。

「させていただきます」の意味

「させていただきます」を文法的に分解すると、、

「させて」は「する」の使役形に接続助詞「て」を付加したもの。「いただきます」は、もちろん「ます」の謙譲形になる。この二つの動詞が結びついて、複合動詞となり特別の意味を持つ言葉を形成している。

とのことです。では、その意味合いはと言うと、

「する」「もらう」の動詞が原形で、「する」の使役形を用いて、「もらう」の謙譲表現「いただく」を結びつけ「相手がしてほしいと望むのでしからば、自分が進んでしあげよう」という意味になった。しかし、この本来の表現が、いつの間にか、相手が望まなくても自分勝手にしてあげよう、という表現をとるに至る。

↑補足:この部分の説明はいろいろな考え方があるようです。一意見としてお読みください。

とのことです。簡単に言うと、表現的には割と尊大な使い方で、強い意志を持った「何が何でもやります」といった意味合いのようです。上から目線の表現なので、間違っても、お客様や上司には使ってはいけない表現なのですね。

では、先ほどの

「送付させていただきます。」
「退職させていただきます。」
「提案させていただきます。」
「同行させていただきます。」

を正確な下から目線の表現に変えるとどうなるか、例として下記のとおりご紹介してみます。

「送付いたします。」
「退職させていただきたく、宜しくお願いいたします。」
「ご提案いたします。」
「ご同行いたします。」

基本として名詞+「いたします」で十分なんですね。無理に一つの文章でいろいろ敬語っぽいものを連ねて複雑にするよりも、シンプルにして、最後に「宜しくお願いいたします。」などと丁寧にお願いする気持を添えるとよいと思いました。

ちなみに、今回のブログでは下記のブログを参考にさせていただきました。おっと失礼!参考にしました。

http://www.kobayashi.co.th/Kaicho-shitsu/zuihitu/keigo1.htm

詳しく書いてありますので、上記も是非ご覧ください。

追伸:現在の私はどんな人かというと、、以下のFacebookアカウントを見てください。

https://www.facebook.com/tadashi.yoshimasa

※面識のない人からのお友達申請は原則NGです。申請されるときはメッセージもお願いします。ほぼ100%情報公開しているので、フォローするだけで全部見えます。

このブログの更新情報は以下のTwitterでお伝えしています。宜しければ 是非フォローください。
吉政創成公式Twitter > http://twitter.com/_yoshimasa/

月額20万円~で製品企画以外の全てのマーケティング業務をアウトソーシング
吉政創成株式会社 > http://www.yosimasa.com/
Comment(12)

コメント

miasuke

よくよく考えてみると自分に「お」をつけてしまっていたりしていました。
「●●さんにお電話でご連絡したのですが、」というような。
丁寧にしたつもりが、自分に対して丁寧にしちゃったダメ子でした、はい。

日本語は、難しいですね。
つい、当たり前のように使ってしまう。
でも、言葉って、生き物ですから、使い倒したらそれが正解かもしれません。

元国語科教諭

中学生や高校生がこのページを閲覧する可能性があります。
個人の解釈であるという意味のことをお書き添えになったほうがよいと存じます。

> 「させて」は「する」の使役形に接続助詞「て」を付加したもの

などの説明は
一般的な口語文法に則っていません。

また、「~させていただく」は「お/ご~させていただく」と、
「~いたす」は「お/ご~いたす」とする必要があります。

吉政忠志

miasukeさん、
コメントありがとうございます!

そうですね。でもよくあるというかよく聞く使い方のようでもありますww

Kawakamiさん、
コメントありがとうございます!

使い倒したら・・というのは人それぞれですよね。大昔と比べて日本語も変わってきているので一理あるといえばありますよね。難しいところですよね。

元国語科教諭さん
コメントありがとうございます!

ありがとうございました。部分的に反映させていただきました。

わたしの思いこみによれば、
・「ご提案いたします。」は「提案いたします」
・「ご同行いたします。」は「同行いたします」
ではないでしょうか。
自分の行為に「ご」をつけるのは間違いかと思っておりましたが、、、
どうなんでしょうか。

吉政忠志

中村昭典さん

コメントをありがとうございます!

そうなんです。私も非常に迷いました。
そこは微妙なところだと思います。

いろいろ調べると、両方あるようです。
最後は自分の感覚で決めてしまいました。

himat

多少ずるい手ではありますが、

「退職させていただきます。」⇒「退職したくお願い申し上げます」
「提案させていただきます。」⇒「提案申し上げます」

なら突っ込みが入らない気がするのですがいかがでしょう?
送付と同行も何か有りそうな気がするのですが、ちょっと頭に浮かびません・・・・。

吉政忠志

himatさん、

それいいですね!

ずるくないですよ。うまいです!

ありがとうございました。

吉政忠志

からいさん、

コメントをありがとうございます。
よい参考意見だと思います。

皆さんもぜひご参考ください。

匿名

>「何が何でもやります」的な意味合い

的の使い方が間違ってるので、信憑性が皆無に思えてならないのです。

吉政忠志

おっしゃる通りですね!修正します。

コメントを投稿する