図書館に行くとコピー機のところに「地図は2分の1ページ以上コピーしないで下さい」という貼り紙がしてありました。調べてみたところ、著作権法の第31条(図書館等における複製)と、第10条(著作物の例示)というのが関係していそうな事がわかりましたが、著作権法って本当に難しいですね。

自分には守ってもらうような著作権なんてないだろう言っていられたのは学生時代までの話で、自分が開発したプログラムに関する権利が会社に帰属するとかお客様に帰属するとか自分に帰属するとかGPLだとかそういうことでイヤだ嫌いだとは言っていられなくなりました。少なくとも自分に関連する部分についてちょっとずつ勉強中です。幸いにもオルタナティブブログを読んでいると著作権に関係するエントリをいくつも目にします。寿司は著作物と言えないっぽいんですね。へー。笹切りの鶴は著作物っぽい感じがしますがどうなんでしょうか。

脱線してしまうので地図の話に戻ります。そもそも地図は著作物なのか、というところについては第10条というところに「著作物の例示」として地図と書いてあるので文句の言いようもなく著作物なんですね。それを踏まえ、地図と言えばゼンリンということで、ゼンリンのサイトで地図のコピーに関することを探してみると画像つきでこんな説明が書いてありました。

地図複製等利用のご案内

当社地図製品を複製等利用する場合の基本条件は、以下の通りです。
1. 対象地図製品の所有
2. 事前に利用申請が必要
3. 最新版地図製品の利用
4. 居住者名は非掲載
5. 著作権と許諾番号の表示
6. その他

そんな無茶な、と思いきやこれは個人で利用する場合でなく、パンフレットに刷り込んだりする場合の話なんですね。ゼンリンの地図を使用して許諾番号を入れている実物はこんな感じのようです。

防災に関する兵庫県のサイト(ページの一番下に許諾に関するあれこれがばっちり記載されています)

では個人で利用する場合はと言うと、自分で買った地図を自分で複製して自分で使用する分には問題ないようです。今は乗っていませんが、以前オートバイで色々出かけるのが趣味だったときは荷物を減らすために地図の使いそうなところだけをコピーしてすぐに取り出せるところに入れていました。車ではカーナビの普及でそうする人も少なくなったでしょうが、バイクでは未だにそのようにしている方もおられると思います。

さて、図書館に置いてある地図は自分のものではありませんので、いくら自分だけが使うからと言ってもコピーしてはいけないように感じます。ところが著作権法の31条というところでは『図書館等の利用者の求めに応じ、その調査研究の用に供するために、公表された著作物の一部分の複製物を1人につき1部提供する場合』にコピーできると言っています。

調査研究というのは別に学術的なことでなく、暮らしていく上で必要な用事だったら良いみたいです。また、著作物の一部分というところの解釈が最大で2分の1までということになっているようです。それが貼り紙に関係してきていたんですね。2分の1まで、とだけしか書いていないので具体的にどういう運用なのかは聞いてみないとわからないのですが、本の場合は100ページの地図なら50ページまで、大判の1枚の地図ならその面積の半分まで、という解釈でよいのでしょうか?

わからないところは多いのですが、要件さえ満たしていれば正当な権利として地図をコピーできるのですね。最近の「ダウンロード違法化」とか「コピーワンス」とかに関する議論では、まるでコピーは違法、悪い事、権利侵害、お目こぼし、のように言われているような感じを受けます。これまで図書館で地図をコピーしたこともないですが、(これからも無さそうですが)実際にコピーする必要が出てきたら図書館員の方に相談した上で堂々とやりたいと思います。

yohei

Special

- PR -
コメント
himat 2008/01/09 13:15

地図に関しては測量法による規制がありますので(著作権主張も制限されます)ご注意を。
その中に、総ページ数の10%以内であればページ全体の1/2まで、ページ全体を地図にしたい場合は総ページ数の1%以内であれば、出典を明記すれば申請不要で引用可能って規定がありますので、図書館ではそれを参考にしたか勘違いして運用規定を作ったのだと思います。
確か、1回のダウンロード量には制限が有ったと思うけど、国土地理院の数値地図に関しては営利目的では十二分に加工して、非営利ならばそのままで申請すれば許可は取れるはずなので、著作権等を心配するよりは、そちらを使った方が賢いと思います。
ただ、完全に個人利用や単なる道案内用ならば、各種地図サイトで検索して印刷しちゃった方が図書館の地図をコピーするより鮮度が良く、ルートマップ作成できたり、観光地図なんかだと本当におまけが付いてきたりするのでお得です。
図書館の地図は日付を良く確認しないと、賞味期限切れでひどい目に遭う場合も。

yohei 2008/01/10 00:36

himatさん、コメントありがとうございます。
測量法という法律でも定めがあるんですね。存じ上げませんでした。私が図書館で見た貼り紙の2分の1というのは面積の話だけで、ページ数については別途記載があったのかもしれません。今度見かけたらきちんと確認したいと思います。インターネットと地図の組み合わせって便利な事がたくさんできますね。今後どんどん楽しいサービスが出てくることを期待しています。(そして権利の厳格な運用がその妨げとならないことも……)
また、はてなブックマークのコメント欄で色々と教えてくださった皆様にもこの場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。

フォレスト 2008/01/15 00:31

 ゼンリンの主張では住宅地図のような地図帳の場合、全体でひとつの著作物ではなく、見開きページ、あるいは左右で別の地図の場合は1ページでひとつの著作物で、地図帳はその著作物の集まりということです。ですから、1ページの半分までしかコピーできませんという貼り紙がされているのです。
 逆に半分までなら、全部のページを撮っても大丈夫です。

yohei 2008/01/16 21:49

フォレストさん、コメントありがとうございます。
地図帳の地図は1ページが1つの著作物なんですね。確かに千葉県に住んでいる人が関東の地図帳を半分コピーできるとしたら、必要そうな部分をすべて複写できてしまいそうですよね。そういった丸ごとコピーをされると地図の出版元は成り立たなくなってしまうでしょうから、それを防ぐためのルールなのかな、と思いました。

Heero 2008/05/05 01:34

測量法は国土地理院測量の地図(地形図・地勢図など)が対象で、住宅地図とはまったく関係ありません。(なお、測量法は地図全体を図書館で複写可能に改正されました)

著作権法に話を戻すと冊子体の地図は全体の一部分が1ページと解釈する場合と、1ページの地図の集合体と解釈する場合とで解釈が分かれます。これは法律上の解釈論なので正解はありません。
ゼンリンが強気に主張しているので後者が採用されているだけの話です。(実際地図や図書館によって扱いはまちまちです)

ちなみに複写できるのは「図書館」が主語であって、「利用者」ではないので、具体的運用は図書館に委ねられます。「住宅地図複写不可!」という図書館があっても法律違反ではありません。

yohei 2008/05/08 01:07

Heeroさん、コメントありがとうございます。
そう言われてみると、図書館によっては複写サービスに申請が必要になっており、依頼すると複写を手渡してもらえるという場合もあったように記憶しております。
ちょうど今iPod補償金が議論されておるところですが複写の権利と補償の問題は複雑ですね。


コメントを投稿する
メールアドレス(必須):
URL:
コメント:
トラックバック

http://app.blogs.itmedia.co.jp/t/trackback/77444/10983660

トラックバック・ポリシー


» このブログのTOP

» オルタナティブ・ブログTOP



プロフィール

<!-- include:/yohei/profile_name.html -->山口 陽平<!-- /include:/yohei/profile_name.html -->

山口 陽平

国内SIerに勤務。現在の担当業務は資金決済法対応を中心とした資金移動業者や前払式支払手段発行者向けの態勢整備コンサルティング。松坂世代。

詳しいプロフィール

Special

- PR -
最近のトラックバック
カレンダー
2014年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリー

オルタナティブ・ブログは、専門スタッフにより、企画・構成されています。入力頂いた内容は、アイティメディアの他、オルタナティブ・ブログ、及び本記事執筆会社に提供されます。


サイトマップ | 利用規約 | プライバシーポリシー | 広告案内 | お問い合わせ