身の周りのおもしろおかしい事を探す日々。ITを中心に。

床屋さんで一番簡単な髪型は何でしょうか?

»

髪を切りました。
美容師さんに髪を切ってもらっていると、
隣の席に座っている女性がいろいろと注文をしていました。

女性「サイドはもう少し短めがいいの」

美容師「ここをそんなに短くすると、後ろがべたっとしちゃいますよー」

女性「じゃ、前髪を横のほうに流してよ」

美容師「そんなに前髪長くないから無理ですねー」

女性「ならサイドは長めでいいです」

美容師「全体にゆるめのパーマかけてボリューム出せばいけそうですよ」

女性「あら。そうしようかしら。」

と、いうような会話でした。さりげなくカットからパーマにレベルアップしつつも
お客様の要望に応えるために自分の知識・技術をフル活用する、
美容師さんのプロ精神に参りました。

そこで、私を担当してもらっていた美容師さんにちょっと聞いてみました。

自分「実現不可能っぽい髪型を頼まれたことありますか?」

美容師「生えている髪の毛で、頭の上に籠を編むというのが厳しかったです。」

自分「え?やったんですか?」

美容師「やりましたよ。2人がかりで5時間とか。コンテストで入賞しました(写真)」

写真を見ると、武士のように頭のてっぺんを剃りあげて、周りの毛を
編み上げている髪型になっていました。すごすぎです。

自分「じゃ、どんな髪型が一番簡単なんですか?」

美容師「えー。あんまり簡単なのってないですね。スポーツ刈りとかかな。」

自分「坊主頭って楽そうに見えるんですけど。」

美容師「坊主ってのは奥が深いんですよ。(以下坊主についての熱い思い)」

えー、長くなりましたので、簡単にまとめます。

  • 人の頭というのは、ボールのようにきれいな形をしていない。
  • 傷跡がハゲになっていたり、髪の濃さにムラがあったりする。
  • 毛根の向きもバラバラである。
  • 額の近くと、もみあげと、てっぺんと、後ろとで、髪の伸びるスピードは違う。
  • 坊主頭は髪を短く切るため、それらを調整する余裕が大変少ない。

で、3mmに調整したバリカンで無造作にクリクリ坊主にしたところで、
でこぼこ頭が強調されたり、ハゲが目立ったりするだけだそうです。
さらに1週間も立てば余計にいびつな髪型になってしまうとか。
へこんでいるところは長めに髪を残し、出ているところは短めに刈る。
それでいて全体は真球に近くなるようにしなければならない。
ただ単に真球を目指しても、良く見えるのは2,3日。それではいけない。
少なくともその人の髪の伸び方を把握していないと100点満点の坊主というのは
実現ができない。長持ちする坊主とは、お客様と美容師との信頼関係の象徴でもある。
とのことでした。恐れ入りました。

美容師さんのお仕事ぶりを見ていたら、システム開発の仕事と重なるものがありました。
思えば美容師さんも、実現が難しいヘアスタイルの相談を受けることもあるでしょう。
また、予算も時間も制限がある中で、お客様の髪の特性を考慮しながら
最大の満足へ導いていくというところにも共感を覚えます。
丁寧に話を聞いてもらえますし、こちらから言わなくても
服装や、世間話の内容などからも情報を集めて、できるだけ良い感じに
してくれているのだと思います。

髪はすぐには伸びませんから、「失敗は許されない」という面での厳しさでは
美容師さんのほうが厳しい面があるかもしれません。
残業で遅くなった日に、お客さんがいなくなった美容室でミーティングや
掃除や練習をしている美容師さんと見習いさんを見ると「がんばれー」と思ってしまいます。

自分も「コンピュータでずばっとピュピューンな感じになんないの?」と言われると困ります。
(言われたことないですが)
私もこれから美容室で「キラキラ輝くような男前にしてください」なんて言わないようにします。
(これまでだって一度も言ったことないですが)

一番簡単な髪型、正解は「人それぞれ。少なくとも坊主は難易度が高い。」でした。

Comment(2)

コメント

かんとくっ

同じような業務をしております、かんとくっと申します。

この記事を見て思わず笑っちゃいました。かつ、坊主の奥深さがすごく理解できました。
あまり知らない方のブログにコメントはしないのですが、思わず勢いで書かせていただきました。
ちなみに私はついこの間まで、
「スポーツ刈り」
でした・・。
床屋によっては丸く刈られたり、角刈りにされたり、前髪が長かったり短かったり、と、かなり差があるので、おまかせにするのかかなり頼むほうも勇気がいるので、奥深いなぁと思っていたのですが、、、意味もなくがっかりしちゃいました。

それから、私は大阪生まれでして、よく上司やお客様への説明などで
「このデータがぴゅーっと・・」
といった説明をしがちでよく注意されます。
これは関西人の特徴でしょうか、面倒くさがりやの特徴でしょうか。
松島尚美(オセロ白)や最近出てきている宮川大輔なんかが典型ですね。

おっと話がそれました。

また他の記事なんかも読ませていただきます!

かんとくっさま、コメントありがとうございます。
私も関西出身の人には擬音語や身振り手振りが多いと思います。
最近は見てませんが、笑福亭鶴瓶さんと松島尚美さんが2人でしゃべる番組が好きでした。確かに松島さんって「がー」とか「ばーん」とかって多いですよね(笑)
その話題で思いあたるふしがありまして、こちらに書こうと思ったのですがあまりに長くなりそうなので別エントリとして投稿しました。
よろしければこちらもご覧くださいませ。
http://blogs.itmedia.co.jp/yohei/2007/06/post_9e4a.html
わかりやすく話すためには擬音語・擬態語は必要不可欠な道具だと思いますが、システム開発の現場では多用すると無闇な誤解(過度に性能をアピールする等)を招くかもしれないので注意したほうが良さそうです。

コメントを投稿する