公教育の現場の実情・本音は、閉鎖的な環境でもあり、教師の公的な立場もあり、なかなか言いづらいもの。しかし、誰も言わないがために間接的に曲解され、世間との溝ができやすい。教育の情報化やICT活用教育を主な切り口に現場の課題を率直に伝え、世間とのコミュニケーションを促進する「媒(なかだち)」となりたいと考えています。

内田 明

内田 明

佐賀市立若楠小学校 教諭。佐賀県認定スーパーティーチャー(ICT利活用教育)。学級担任や研究主任をしながら、県内県外で授業改善、教育の情報化について実践発表や研修講師を務めている。

プロフィール

image.jpeg 学級担任や研究主任をしながら、県内県外で授業改善、教育の情報化について実践発表や研修講師を務めている。