やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

太っている自分に気づく方法「なぜ一流の男の腹は出ていないのか?」

»

2014年に発刊された本書を、久しぶりに読み返してみました。当時は、ピンとこなかったことが、改めて腑に落ちることがたくさんです。やはり、デブだった自分には、あまり響かなかったんでしょうね。

fullsizeoutput_361e.jpeg

仕事ができない人は、つねに「忙しい」「時間がない」ということを口にしている。この口ぐせはあなたを太らせる。そのような人は、主体的な時間管理ができていない。他人の都合に振りまわされて、自分の時間を人に預けてしまっている状態なのである。このストレスは非常に大きい。それを解消するために、暴飲暴食に走り、肥満になってしまうケースも多いのだ。

過去の自分を振り返ってみると、忙しいときほど太っていた気がします。食べる量が圧倒的に多い。いくら美味しいものでも、そんなに食べなくて良いんじゃないの?と。過去の自分に言ってあげたいくらい。(笑)

太っているより、痩せているほうが、気分がいいに決まっている。でも、それができたら苦労しない、と思っている人も少なくないと思います。

ですが、男性の肥満は、皮下脂肪よりも内臓脂肪のほうが多いんですよね。なので、血液中に溶け出しやすい内臓脂肪なので、食事制限と軽い運動だけで、意外と短時間で内臓脂肪を減らすことができるはずです。

太っていることに満足しているなら別ですが、そうではないと思っている方は、まずは行動してみること、ですね。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する