やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

働き方改革が、いつの間にか残業削減の話になっている件

»

厚生労働省の「働き方改革」のページを見ると、とにかく「長時間労働の是正」にフォーカスしているしているのが気になります。もちろん、子育てとか介護といったことも書かれているのですが、「働き方改革」のはずなのに、「暮らし方」の話に終始しているようなんですよね。

世間的にも、やたらと時短、労働時間の短縮、残業時間の削減といった話が多いのですが、じゃあ仕事の成果はどうするんだ?という話がないがしろにされているような。 Facebookでお友達になっていただいている、シンフォニーマーケティング庭山社長が、こんなことを書かれていました。

テレワーキング、フリーアドレス、副業解禁、残業禁止。優しそうに見えるこうした動きをよく見ると、すべて「勤務態度」や「時間」ではなく、「パフォーマンス」や「生み出した価値」で評価するという「成果主義」に向かっているように見える。その先は収入格差の社会だ

この辺りが認識されず、「残業は良くない、減らそう」「労働時間を減らそう」という議論になっていることが、とても問題だと感じています。こういうことを主張する人ばかりでは、庭山社長が最後に書かれているように「収入格差」の方向に向かってしまいますし、そしてそれは収入の多い人がもっと増えていくというよりは、働き方改革を誤解した人たちが、自らの収入が増えない方向、下手をすると下がっていく方向に向かっていく、ということのような懸念を感じます。

僕自身、長時間労働を不満に感じたことがなく、むしろその頃は楽しんで仕事に取り組んでいたので、労働時間に不満を感じる人の気持ちが分かっていないところがあります。しかし、成果を上げずに早く帰る、というのは違うかなと思ったり。難しいところではありますが、成果をあげた上で、みんなが早く帰り、プライベートの時間をしっかり確保する。そんな会社にするには、どうするか、どこをしっかり取り組み、どこを諦めるか。そんな議論になっていきたいものだと感じる今日この頃です。

Comment(2)

コメント

働き方改革は経営者の視点と従業員の視点では捉え方が違ってきますが
共通していることは生産性の向上なのかと思っております。
  
結果的に従業員は給料が減ることなく残業が減る。
経営者は従業員のモチベーションが上がって付加価値の高いサービスを生み出す。
このことが働き方改革の目的ではないでしょうか。
  
でも、日本人らしく?枝葉の議論に集約して、
本質を議論しないので改革も前に進まない。
各企業の持つ課題は千差万別なので一律な議論しても仕方ないかと。
  
モチベーションが先か評価が先かもありますが
人財を人材と考える経営者では本当の働き方改革は出来なと思っております。
  
また、収入格差については働き方改革と違う次元かと思います。
多くの企業では経営者(管理職)が一方的に目標を決めて評価する方法かと思います。
その方法だと個人のモチベーションを引き出し難いと。
事前に個人別に話し合い目標を決めて評価をする方法に移行しないと
給与額に納得くして働くことが出来ずらいくなっているかと思います。
(目標の設定方法も業務や職務で違うと思います、またプロセス管理も必要です)
  
中小企業やIT業界は3Kと言われますが、
経営者が本気で働き方改革を進めなければ良い人財は集まらない(育たない)と思います。
すでに一部の企業では働き方改革が始まっていますが、これが広がらないと
失われた20年が30年・40年となりかねませんね。

>kiyoさん
コメントありがとうございます。

> 経営者が本気で働き方改革を進めなければ良い人財は集まらない(育たない)と思います
ここが本質的な課題だと思っています。僕は、iPhoneくらい使いこなせない経営者は、全員引退していただきたい、という言い方にしています。それくらい、ITやツールが改革に寄与できると思いますし、それくらいの柔軟な発想のない経営者では、その会社が沈んでいってしまうでしょうね。

コメントを投稿する