やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

読みたいブログと、読まれるブログが違う。僕は読みたいブログがいい

»

炎上商法なんて、嫌な言葉が流行り始めたのはいつのことだったでしょう。ブログが一般化されて以降、特にCSSの知識とかなくても書けるようになり、誰でも自分の意見を発信できるようになりましたよね。SNSとは違う意味合いだと思っています。

そうすると、対岸から釣りをするような感じで、自分の身は守れるところにいながら、誰かの批判だけを繰り返す人が出てきました。なんとなく、ハンドルを握ると人格が変わる人に似ていて、普段は相手の目を見ながら話すことも出来ないくらいなのに、文章になると刺々しい言葉を発する。

また、そこまでではなくても、何か世の中の失敗やミス、あるいは良くないことを見つけ出して、いわゆる粗探し的なブログを書く人がいます。そして、なぜかそういうブログはよく読まれる。SNSでシェアされてくるブログも、大抵はそういうものなんですよね。読んでみて「ああ、読まなきゃよかった」なんて思うことが多いです。

多くの人は、読んで元気が出るブログ、知識が得られるブログ、勉強になるブログ、あるいは楽しいブログを期待していると思うのですが、そういうブログがシェアされることはほとんどない。

僕は、読みたいブログをfeedlyに登録しているので、最近はシェアされてくるブログを読む機会が減ってきました。まあ、読んでゲンナリするブログは、タイトルでだいたい検討がつきますが。(笑)

読んで元気になる。そんなブログを読み続けていたいと思う今日この頃です。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する