やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

熱海で仕事をして、終わったら海!温泉!

»

日本でB2Bのビジネスをすると、一番厄介なことは、あらゆるものが東京に集中していることですね。せめて、官公庁だけでも分散すれば、そこに付随している外郭団体や企業も、それに伴って分散していくのだと思いますが、なかなかそうはいきません。

また、企業も東京に本社機能を持つところが多く、例えば大阪支店で商談をしていても、最終決定権が東京本社にあって、結局東京に同じ話をしに行く、なんて話もよく聞きます。

なので、地方に本社を持つ企業でも、営業活動はほとんど東京、なんてことは普通にありますよね。

一方で、お客さんと直接関係のない業務であれば、都内にいなくても出来る時代。オンラインで済むことであれば、東京にいなくてもいいですしね。

最近は、当社にもいろいろな自治体からサテライトオフィスのお誘いがあります。千葉県銚子市鳥取県など、あちこちからお誘いをいただいています。

そんな中で、最近お知り合いになった方が、静岡県熱海市でコワーキングスペースを開設しておられます。苗床という名の通り、熱海から仕事を生み出していこう、ということで、ここには熱海市の職員の方も会員になっておられたりと、熱海の活動の新たな拠点になっているようです。

熱海というと、昭和の時代には宴会の本場で、おっさん達の聖地だったわけですが、その後は一気に衰退し、閉鎖したホテルが並んで、夜に車で通るのが怖いようなこともありましたが、現在はこのような活動も活性化していて、若者が増えてきている感じがします。

熱海のホテルは、宴会も買い物も、すべて自分のホテル内でやろうとしていたことで、周りの飲食、商店が栄えなかったところがありましたが、最近は素泊まりのホテルが増えて、駅周辺の飲食店やお土産店も混雑しているんですね。

また、一人で行きたい人には熱海は難しい。それを解決しようと、カプセルホテル(だけじゃないけど)も出来ています。朝食は向かいの干物屋さんで買ってきて、ホテルの入口で焼いて食べられますし、近くには温泉があるので、熱海を充分に堪能できるんですね。

コワーキングスペースで仕事をして、夕方には海で泳いで、夜には温泉に入って熱海の街で海の幸を食べて寝る。翌朝も、海に近いところで焼き魚を食べて一日が始まる。

実は、熱海って東京に意外と近くて、新幹線で45分ほどなんですね。でもって、快速アクティーで1時間半くらい。快速なら片道2,000円でお釣りがくるくらい。必要に応じて、いつでも東京と行き来できるんですね。

サテライトオフィスという選択には、僕は圧倒的に熱海を考えている今日この頃です。

Comment(2)

コメント

久しぶりにコメントをさせていただきます。


今年の夏休みは5日~20日までと長い休みをワーケーションと言う形で休んでおります。
業務システムがクラウド化され会社に居なくてもある程度の業務ができるので働き方が変わってきております。
(ただし一部のシステムは社内でないと利用でいない物もあります)


幸いにしてIT業界で仕事をしておりますので、
お客様もご理解してくれてon-lineで済むことはオンラインで対応していただけます。
サテライトオフィス、コワーキングスペースなど色々と働き方をサポートする
施設が増えていますが、都内中心で営業とマーケティングの仕事していると
直行直帰、出先作業が多いのでコワーキングスペース・サテライトオフィスが増えることは助かります。


今は、政府が働き方改革を押していますが、本当は休み方改革の方が重要ではないかと思います。
本当は休みたいのに休めない、長時間労働を前提とした賃金体系が体力と知力を奪っている。
減私奉公を求める企業体質など日本のホワイトカラーの生産性は低いと言われます。
さらに訳の分からないコンプライスで業務が複雑化してシステムが煩雑で使えないなど、
抜本的に業務フローを見直せば休みが取りやすくなり、オンオフのスイッチの切り替えもでき、
生産性が向上するように思うのですが。。。


色々と思うことは沢山ありますが、
熱海のサテライトオフィスがどのように使われるのか楽しみです。

>kiyoさん
ご無沙汰しております。
おっしゃる通り、働き方を変えるには、きちんと休める仕事にしないといけないですよね。休んでいる社員がいない間をどうするか、生産性をどうするかなど、企業の課題は多いと思います。当社も、そのあたりを意識しないとです。

コメントを投稿する