やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

社員に低いスペックのPCを渡す理由と、人件費の最大効率化の垣根

»

サイボウズ式に興味深い記事がありました。

サイボウズのPC標準機はどれもメモリ32GB積んでるって、正直ムダじゃないですか?(サイボウズ式)

「なんだ、Windowsか」いやいや、そういう話じゃなくて。

企業の情シスの方とお話をしていると、「システムに詳しいわけではなく、ネットやメール、ExcelやPowerPoint、Wordしか使わない社員に、高スペックのPCを貸与するのは無駄」といった発言を耳にすることがあります。

僕自身、前職で超低スペックのPCを渡されたことがあり、必死で個人PCを持ち込む許可を交渉したことがあります。低スペックのPCだと、そもそもやる気もなくなってしまうものですから。

MacでもWindowsでも、パソコンの挙動はハードウェアとしてのスペックと、OSのバランスによって変わるのはみんな知っていること。特に情シスの方なら、ほぼ間違いなくご存じだと思います。それなのに、低スペックの端末を貸与する判断に至るのは、会社の方針であることが多いですね。ITに予算を割かない企業では、特にコスト的に目立つハードウェアのスペックを落とさざるを得ない。

しかし、現在はモニターの解像度が上がるに従い、ソフトウェアの容量も大きくなり、ある程度のスペックを要することが多いわけです。それなのに、コストだけでパソコンを決められてしまうと、ソフトが起動するのを待つ時間とか、更新するのを待つ時間とか、いろいろ無駄な時間が発生し、さらにそれはストレスにもなります。

人件費の最大効率化なんて言われているわりには、パソコンやモバイル端末のスペックを落としてしまうと、かえって人件費が非効率になってしまうわけですね。結果的に、不要な残業に至ったりするわけですよね。

超高スペックかどうかはさておき、ストレスのない程度に稼働する端末を貸与する。これからの企業にとって、とても大切なことだと感じた今日この頃です。

Comment(2)

コメント

TETSU

twitterのトレンドワードにメモリ32GBが入ってた理由はこれだったのか
確かに32GBは多すぎる気がするけど、あとで足りなくなったからと追加するのは面倒なんだよね。
最大公約数みたいな感じで、一番要望が多いところに合わせるのが面倒でなくて良いという案も考えられます。
昔みたいにPCが高かった時代と違って、今は消耗品みたいなものなんでしょうね。
ちなみに、自分も最低限より低いスペックのPCを使わざるを得ないことになったことがある(知り合いがなったところを見た方が多いけど)余計な面倒が増えるというのと、知的作業の重要性に気づいてない企業なんだろうなと思ったことを覚えてますw

> 知的作業の重要性に気づいてない
そこなんですよね。でもって、
> 余計な面倒が増える
こういうことを考え出すと、怠慢と言われてもしょうがなくなる気がします。

コメントを投稿する