やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

iPadがPCの代わりになる、、、はずがない

»

iPad Proが登場して、「iPad ProはiPad全体の数字を押し上げるわけではない」といった当たり前の記事とか、iPad ProとSurfaceのスペック比較といった、あまり意味を持たない記事を見かけることが多いように感じます。まあ、正直言って読むには値しない。

まず、iPad Proは、「Pro」の名前のとおり、プロフェッショナル向けのデバイス。そして、プロフェッショナルの定義は様々で、必ずしもデザイナーさんや、クリエイティブ系の仕事をする人だけがプロフェッショナルではありませんよね。営業のプロフェッショナルだって用途を考えれば使えるし、医療のプロフェッショナルだって使いこなす場面はあります。

ということで、そんなこんなをZDNetの連載に書いておりますので、お仕事に使ってみようかと考えておられる方は、ぜひご一読ください。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する