やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

えきねっとの仕組みを理解していなかった僕の顛末

»

先日、東海道新幹線をえきねっとで購入した場合に完全チケットレスにならないことを書いたのですが、帰りに大失敗をやらかしてしまいました。まあ、きちんとWebの注意事項を細かく観ていなかったわけですが。
 
2日間の大阪出張だったのですが、行きの切符を予約した時点では、帰りの新幹線の時間を決められなかったため、片道だけ予約していきました。そして、昨日の昼頃になって帰りの新幹線の時間を確定させ、えきねっとから予約したのですが、そこできちんとWebの注意事項を読んでいなかったのです。
 
御堂筋線の新大阪駅に到着すると、 正面に大きく「JR、新幹線」と書いているので、そこに行くとそこは旅行会社。そこでは受け取れないと聞いて、あらら。上の階に行って今度こそと行くと、そこはJR東海だそうで、そこでも受け取れない。駅員さんに聞いても分からない、と言われ、あちこちに聞いてえきねっとのコールセンターの電話番号を教えてもらうことができました。048-xxxという大宮の電話番号。不安になりながらかけてみると「大阪発は予約できますが、受け取れません」とのこと。「え???」と聞き直すと、Webに注意事項を書いてあったとのこと。
 
仕組みとしては、新幹線の切符は片道ずつしか予約できないらしく、ただし東日本にいる間に受け取ることが前提なのだそうです。だから、大阪で予約することは想定されていない。結局電話でキャンセルし、JR東海の販売機で購入しなおし。予定より早い新幹線に変更してもらおうと思っていたのですが、こんなやりとりをしていたため結局予定通りの時間になってしまいました。
 
Webサイトの予約システムには、細かい注意書きがたくさんありますが、よく読まないといけないことを痛感した次第でした。帰りの時間が分からないときは、JR東海のサイトを使わないといけない、ということなのですねえ。

Comment(7)

コメント

あじむら

そうなんですよね。駅ねっとはJR東管内しか受け取れないので、名古屋から帰る時にも当然使えません。チケット販売だけでも全国統一の一社にして欲しいです…

東海道・山陽新幹線区間であれば、EX-ICが便利ですよ。
予約の変更が直前まで何回でもおこなえますし、改札にエントリーするまではチケットレスです。

年会費がかかるのがネックですが、年に数回東海道・山陽新幹線を利用するのであれば、割引分でもともとれるかと思います。

>あじむらさん
ああ、そうですよね。不便ですよね。。。

>p-articleさん
ご無沙汰しています!
そうですよね、そっちのほうが便利ですね。東北とか他の新幹線が使えないから、とえきねっとにしていたのですが、そっちに変えることにします。

こん××は。妹尾です。
えきねっとそのものがJR東日本のサービスでJR東日本で決済されることを前提としているから受け取りはJR東日本管内の駅でしか受け取れませんが、
新幹線自身の時間変更はどこのJRの駅でもできるので、遅めに予約を取っておいて、早くなれば前倒しを現地のみどりの窓口でやることはできたような・・・。

>せのおさん
受け取りも前倒しも受けてくれませんでした。「えきねっと」と言っただけで拒否反応。(苦笑)

watawata

現在2016年ですが状況変わってないようです。行きは小田原からで受け取りの券売機があって助かったのですが、帰りは名古屋からなので予約できない。気をつけるしかないけど、納得いかないです。

コメントを投稿する