やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

もしもスティーブジョブズが、ニッポンの大統領だったら

»

20110414_92615_2「我々、大統領府は、2年半この日を待ち続けていた」

 
 この言葉から始まった、スティーブジョブズ大統領のスピーチは、約3時間におよぶ、過去にない長いものであった。
 
「数年に一度、全てを変えてしまう出来事が起きる。そして、我々のニッポンも過去何度かの震災を経て、その度に大変な努力をしてきた人たちのおかげで今がある」
 
「それを一度でも成し遂げることができれば素晴らしいことだが、我々ニッポンは過去何度かの災害に遭ってきたが、なんとか今日があるのは、それを克服することが出来たからであり、ニッポンの国民と当時のリーダーたちの力だったのだ」
 
 ここでスティーブジョブズは、ニッポンが過去に克服してきた事例をいくつか発表し、国会では喝采、また涙を拭う者もいた。
 
「これらのことが、その後のニッポンを大きく変えてきた。復活、復興ではなく、再設計・再開発されてきたのだ」
 
「今日、革命的な物を発表いたします」期待と不安の混じった、まばらな拍手。
 
「。一つ目は、ワイドスクリーンで、タッチパネル式の(何かの)コントローラーだ」(拍手)
 
「二つ目は、緊急時に便利な革命的な携帯電話」(拍手喝采)
 
「そして、どんな状況下でも使える画期的なネット通信機器だ」(拍手)
 
「そう、3つです。ワイドスクリーンで、タッチパネル式のコントローラー。緊急時に便利な革命的な携帯電話。どんな状況下でも使える画期的なネット通信機器」
 二度繰り返したあとに、人々の顔は明るくなった。
 
(拍手喝采&指笛)「お分かりですね?」
 お台場の先に、絶対に液状化しない新たな技術で埋め立てられた会場で、幕を切って下ろされた先にあったのは、地球が破壊されるまでトラブルが起きないことが保証された、原子力発電所だった。
「今日、今日、我々は日本を再設計(Re-Grand Design)します」
 
======
 すみません、全くの空想であり、ここから先は思いつきませんでした。
 
 東京に原子力発電所を設置するということについて、ビートたけしさんが言っていた、ということがこのブログに書かれています。最初は驚いたのですが、よくよく読んでみると、なるほど、と思ったり。もちろん、原子力に関してド素人ですから、「アホか、お前は」と言われるものかも知れませんが。
 
※スティーブジョブズ氏の講演は、ご存じの通りiPhone発表のものからパクらせていただきました。

Comment(8)

コメント

しょうたく

これだけ原子力のリスクが視覚化された中でまだ原子力を作ろうとする発想の貧困さに愕然とします。

Taka

>しょうたくさん
はじめに原子力推進派でもアンチでも無いことをお断りしておきます。

意見や価値観って人それぞれだと思うんですね。
こんな事態を引き起こす(起こしかねない)のだから原子力を選択すべきでないという意見もあれば、この経験を踏まえてより安全な原子力発電を目指すべきだ、という意見もあると思います。

極論ですが、「危ないからダメだ」では車も飛行機も使えなくなりますよね?
より安全を、より安心を、ということで様々なものが進化してきたんだと思います。原子力もその1つであっていいんじゃないでしょうか?

あとは、将来を見据えて我々国民が何を選ぶべきか、という取捨選択があるだけではないかなと思います。

>しょうたくさん
>Takaさん
僕もTakaさんの仰有るとおりだと思っています。
リスクを鑑みると、都内で車なんて乗るのは発想が貧困すぎますし、飛行機なんてあり得ない乗り物だと言うことです。
しかし、飛行機も御巣鷹山事件の頃に比べるとずいぶん良くなっているわけです。こういう改善および進化できるのが、人間のすばらしさだと思っています。
何でもかんでもダメというだと、成長と進化を阻害するだけだと考えています。

ちなみに当ブログは、あえて「今」とは書きませんでした。もしかすると、スティーブジョブズのような人が50年後に実現してくれるかも知れませんね。

Naoki_O

おはよう。

今日は、原子力の危険性について話をしよう。

皆さんは、1年前の4月20日、メキシコ湾で何が起きたか覚えているだろうか?
事故現場からの流出物でメキシコ湾の海岸線は1000マイルもの長さに渡って汚染され、今なおその除去は終わっていない。また、生態系も危機にさらされている。
全く恐ろしい事故だった。
フクシマと比べてさえ、はるかに規模の大きな、全くの人災だった。

ところで…
この大事故を起こしたものは、何だっただろう?
<以下省略> m(-_-)m

トラックバックありがとうございました。

原発の是非と「どこに設置するか」の議論はまた別だろうな、と考えています。
個人的には無くて済むなら無くても良いと思いますが、リスクを承知で付き合うのであれば、設置場所が東京というのはありだろうな、と。

もっとも、自然エネルギーだって当然リスクはあるだろうし、そうしたリスクが可視化されていないうちは、逆に諸手を挙げて賛成はできない、とも思いますけどね。

>Naoki_Oさん
その後、「我々はこれを解決した」という話になるのが楽しみですね!

>ProjectKさん
こちらこそ、興味深いブログでした。
リスクとメリット、リスクの可能性、検討すべきことは多面的ですよね。

Naoki_O

>ookiさん
それはずいぶん先になりそうですね。
なにしろこれから、油井の事故をひとくさり、続けてタンカー事故、それらとスリーマイル、フクシマの比較、さらに核廃棄物と二酸化炭素の比較、と進める予定ですので(笑)。
ちょっと真面目な話をしますと、たとえば、今、日本の交通事故死者は毎年6000人程度ですから、毎年2万人が、そのうちひとりを犠牲にして、自動車という利便を享受しているわけです。でも、自動車をなくせと言う議論は、まぁ、無いわけではありませんが、ほんのごくわずかです。
それから、日本のエネルギー消費や二酸化炭素の排出量が実際どれくらいなのか計算してみると、それはもう恐ろしいほどなんです。
そうしたリスクと比較すれば、今回の事故で、原子力発電の「安全性」こそが可視化されたと言っても良いくらいだと思うのですけどね。

コメントを投稿する